強権・習近平が経済大改革を行っても、結局、中国の体制を傾けてしまう

徹底討論 中国のジレンマ・その2
「その1 それでも習近平の中国が5年以内に台湾侵攻を行うと畏れるべき理由」で探ったように、習近平政権の強権化は、対外的な緊張をいよいよ増す不安定要素が増している。はたして回避は可能なのか。そして、国際社会が極度に警戒するような強権手法で、「中所得国の罠」から抜け出すための改革は可能なのだろうか。

米中首脳会談で進展、合意はなかった

宮家 結論から言うと、11月14日の米中首脳会談では、進展も、合意もありませんでした。ただ、これ以上、関係を悪化させることは食い止めたかも知れません。その意味では有益だったと思います。もちろん、今回の首脳会談で、私が一番注目したのは、やはり台湾問題です。

宮家邦彦氏

バイデンは最近、失言とも思われるような、恐らく意図的な発言を行うことで、アメリカの曖昧戦略の曖昧さを減らす努力を行っていましたが、今回はこれを封印しました。封印したからこそ中国は乗ったので、しなかったら首脳会談は実現しなませんでした。

ただバイデンは封印はしたけれども、曖昧政策の曖昧さは依然として変わっていないので、中国は不満でしょう。これまでの「一つの中国政策は変わらない。だけど、中国は武力を使うな。平和的にやれ」という米国の立場は変わっていないので、実質的にアメリカは譲歩はしていません。

今回のアメリカの目的は、中国との合意でもなく、関係改善でもない。相手の意図と優先順位を理解し合って、レッドラインがどこかということを知ろうとしただけです。

アメリカは中国との戦争、ないし厳しい対立というものを、ある程度、不可避のものと考えて、それができるだけ起きないようにする。もしくは起きるとしても誤算に基づいたり、判断ミスなど起こさないよう、リスクをなるべく最小化するように最近、舵を切っており、それが今回のバイデン大統領のレッドライン発言になったと考えています。

その意味では、米中の新しい時代は始まっていますが、状況はまだ改善していません。今後どうなるかと言えば、おそらく一応、今回の合意に従って、何らかの枠組みの「対話」が始まるのでしょう。

 

だが、今までの経験からいって、そういうものが成功したことはありません。それも時間が経つと目くらましにもならなくなります。そのうち、どこかで誤算が生じれば、いつ衝突が起きてもおかしくない状況になる畏れさえ出てきます。それをなんとか回避したい、少なくともアメリカ側はそう思っているようです。中国側は、どこまでそれを真剣に受け止めたか、わかりません。

関連記事