2022.11.28

「東大卒エリート」と略奪婚した、29歳の専業主婦が、その後パブニングバーで「男漁りの生活」に闇落ちするまでの一部始終

2022年9月、厚生労働省は令和3年の人口動態統計の概況についてを発表、その結果によると、日本国内の婚姻件数は50万1138件であることがわかった。婚姻率は0.41%、前年の0.43%を下回っている。価値観の多様性、経済的理由なども影響しているのかもしれない。

結婚に消極的になっている若者が増えている一方で、10代のころから結婚に対して強い想いを持っている人もいる。都内在住のアヤネさん(仮名・29歳)もそのひとり。小柄でロングヘアの大人しい印象の女性だ。6年前に結婚した夫はエリート官僚で、都内の一等地に暮らす主婦だ。

中学時代から、将来は東大卒のエリートと結婚し専業主婦になる人生を夢見て、計画的に実行、半ば強引にエリート官僚と結婚した。アヤネさんが結婚するまでのいきさつは<【前編記事】「東大卒のエリート」を寝とり、略奪婚した“29歳の専業主婦”が、都内一等地の「高級マンション」に住んで、青ざめたワケ>でお伝えした通りだが、じつはその後思わぬ「落とし穴」にはまってゆく…。

ワンナイトラブで空白を満たす日々

「夫の年収は残業込みで500~600万円くらい。でも本当に忙しくて家に帰ってきません。深夜まで残業なんてザラです。

ずっとひとりで家にいるのも退屈だったのでアパレルのアルバイトを始めました。でも職場の人間関係が良くなくて……。満たされない日々を発散するために、身近な男性を口説く日々が始まったんです」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

夫との営みは味気なくつまらないし、子供も望んでいないのでしたくないと話すアヤネさん。たまに誘われる時があるものの、その時は手のみで夫の性欲を解消させるそうだ。

それでも夫は満足するようで不満な様子はないという。だが義両親からは不妊と疑われており、「子どもはまだか」と連絡が来るたびにストレスだと話していた。

アヤネさんがターゲットにしたのは、アルバイト先のエリアマネージャーやマッチングアプリで知り合った近所に住む男性だ。「今日、夫、帰ってこないんだよね」でホテルへ誘うのが鉄板で、オシャレに気を使っている男性なら誰でも良かったそうだ。

関連記事