2022.11.22

52歳男性医師と39歳女性看護師の「院内W不倫」の末路 「この関係を奥様が知ったら…」不倫相手の“ヤバすぎる行動”

恋愛セラピストの麻未知花氏はこれまで1万人以上から、恋愛相談や不倫の聞き取り取材を行ってきた。彼女に身の上を打ち明けた男女は、財界人、芸能人、プロスポーツ選手まで多岐にわたる。

家庭を持つ者なら、仕事とプライベートを分けて付き合うべきだが、現実はそうではない。「職場不倫」はよくある不倫パターンだ。麻未氏いわく、「なかでも医療現場における不倫は枚挙にいとまがない」という。

今回、麻未氏がリポートするのは、読者にとって「他山の石」となるようなケースだ。前編に引き続き、不倫によって妻を傷つけ、交際相手も傷つけた、ある男性医師の末路をご紹介する。

※画像はイメージです photo by gettyimages

「しっかり説明してきなさい」

勤務医・堀川孝司(仮名・52歳)は、同じ科で働く看護師・香織(仮名・39歳)とW不倫の関係になった。3年後、夫の不貞に気づいた妻が病院に乗り込んできた。

「妻の『堀川を出せーっ!』という声は、私のいた診察室にも聞こえてきました。かなり焦りましたよ。聴診器なしでも自分の心臓の音が聞こえてきましたからね。機転を利かせた警備員と事務員の女性が妻をなだめてくれて、カンファレンスルームに誘導してくれたので、助かりました。ただ副病院長に汚物をみるような目で『君が悪いから、しっかり説明してきなさい』と言われたのはきつかった」

 

そこで堀川は、香織、妻の3人で話し合う事となったという。妻が叫び、香織が泣き出し、堀川がアタフタする中、話し合いは決着。堀川は香織と2度と会わない、お互い違う病院に勤務する、という2つの約束を誓約書つきで交わす事で、病院での修羅場は回避されたそうだ。そして、その週末に第2ラウンドが始まる。妻の両親を交えた4者での話し合いである。

SPONSORED