TOP
>
連載
>
中学受験のリアルお悩み相談
>
発達障害のわが子は中高一貫校でやっていけるのか? 中学受験のお悩みに回答!
2022.11.23

令和の中学受験2 (8)

発達障害のわが子は中高一貫校でやっていけるのか? 中学受験のお悩みに回答!

発達障害に理解を示さない学校もある

また、少し残念な話も聞きました。

ある男子校の先生は溜息をつきます。

「本校は発達障害の子に対する腕利きのカウンセラーを何名も取り揃えていて、その指導には定評があります。しかし、教員の中からそれを外部に対して積極的に打ち出さないでほしいという声があがったのです。本校の手厚いケアを求めて発達障害の入学者が大挙するのを恐れているのでしょう」

Photo by iStock

さらに、ある女子校の先生は正直な思いを吐露しました。

「個別に指導員を付けるなどの対応は難しいです。また、ひと口に発達障害と言っても、その特性は千差万別なので、保護者と相談しながら、どういう対応がその子にとって良いのかを探りながらおこなっているというのが現状です。正直なことを言うと、発達障害の子は、公立のほうが恵まれた環境が与えられるのではないかと感じています」

学校によって発達障害の子に対するスタンスはずいぶん異なることが分かります。

ですから、受験を検討されている学校の説明会などで相談してみて、その学校の対応をあらかじめ探ってみることが大切でしょう。

『令和の中学受験2 志望校選びの参考書』矢野耕平/講談社
『令和の中学受験2 志望校選びの参考書』矢野耕平/講談社
共学か男女別学か、大学受験の必要がない系列校か進学校か。長距離通学は問題ないのか。公立一貫校と私立の併願はありなのか。滑り止めで合格した低偏差値校に進学する意味はあるのか。発達障害の子を受けて入れてくれるのか。わが子が6年間を過ごすことになる中高一貫校の中学受験では、志望校選びが成否を分ける。少子化にもかかわらず過熱化する中学受験を親子で勝ち抜くため、ベテラン塾講師が志望校選びのコツを解説する。 

中学受験のお悩み相談も受付中! 記事で矢野先生が回答します!
中学受験に関する矢野先生への悩み相談はこちらから☆ 

SHARE
AUTHOR
矢野 耕平

1973年、東京生まれ。中学受験指導スタジオキャンパス代表、国語専科・博耕房代表取締役。大手進学塾で13年間勤務の後、2007年にスタジオキャンパスを設立し、代表に。自らも塾講師として、これまで27年にわたり中学受験指導を行っている。主な著書に『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文芸新書)、『旧名門校VS.新名門校』(SB新書)、『LINEで子どもがバカになる』(講談社+α新書)がある。

RELATED ARTICLES

関連記事