かいしさんは日本育ちの中国人。ペルーに留学し、ドミニカ共和国での駐在生活を経て、北京で生活。その様子を漫画にしたインスタグラム@kaixi_j)が人気を集め、フォロワーは7.1万人。そんなかいしさんは、昨年美大受験に挑戦し現在は日本に住む「美大生」としての顔も持つ。FRaUwebでの連載『かいしさんの日々』で、美大生になるまでの壮絶だった美大受験の準備期間について振り返っていただく短期連載。

第2回前編【日本育ちの中国人が、美大の「入試過去問」をクリックした0.5秒後に地獄を見た話】から続く後編です。

待ちに待った美術予備校の授業! しかし…?!

デザインと言えばグラフィックデザインしか知らないので、「グラフィック専攻」で予備校に入った私。しかし予備校の先生に作品を見せたら、「グラフィックよりイラストレーション科の方が合ってるよ」と言われたのであった。

かいしさん連載『リアル・ブルーピリオド』連載2回目・前編より
 

イラストは、実はグラフィックの中にも含まれるので、そのあたりの境界線というのは非常に曖昧なのだが、誤解を恐れずに私の理解を述べさせてもらうと、イラストはどちらかというと「アート」、つまり自己表現に近いものであり、グラフィックデザインはどちらかというと「デザイン」がメインであり、自己主張や自己表現というより、クライアントなどの意図を汲み取って「全体をディレクションする」意味が含まれていることが多い(もちろん、そうでない場合も多々ある)。

当時の私は何も分からず、「グラフィック=なんかかっこいい抽象的な図形の組み合わせ」だと思っていて、ただ漠然とした憧れを抱いていた故、グラフィックデザイナーになりたいと思っていた。なので、やはり私はグラフィックを学びたい、と先生にお願いした。

どちらにしろ、当時の私の作品には「自分なりの技法」も、「表現したいもの」もあまりなかったので、美大の受験には向いてないらしかった。