2022.11.23
# サッカー

【サッカーW杯】優勝候補で初戦相手のドイツが注目する「最も危険な日本人」と「日本の明らかな弱点」

本日夜22時、カタールワールドカップ初戦のドイツ戦を迎える森保ジャパン。ドイツは優勝候補と目されており、統計的にも初戦の結果が大きく最終的な結果を左右するため、日本にとっては目が離せない最重要の一戦となる。ドイツは日本をどう分析し、日本の勝機はどこにあるのか―。ドイツでの取材で、「明らかな日本の弱点」と「最も危険な日本人」について関係者、メディアで議論が活発だったというその内容を詳報する。

「マジシャン」かつ「ドイツで実力No.1」評価の鎌田

ドイツ代表が2014年のブラジルワールドカップ以来8年ぶり、ブラジルと並び史上最多タイとなる5度目の世界制覇を目指す旅が始まっている。特にグループステージ初戦の日本戦はドイツメディアでも注目の的となっていて、日本代表の動向を追う記事が目立つ。中でもドイツ・ブンデスリーガで活躍する日本代表選手に関しては日常の国内リーグでその実力とプレー傾向を把握しているため、これまで以上に警戒心を抱いているようだ。

ドイツメディアが最も危険な日本人選手として挙げているのは、今季好調のアイントラハト・フランクフルトで中軸を担う鎌田大地だ。今季の鎌田はブンデスリーガ、そしてヨーロッパ最高峰の舞台であるUEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)で大車輪の活躍を果たし、チームを牽引している。

その躍進はデータにも表れている。リーガ13試合7ゴールはチームトップで、リーガ全体でも7位タイ。またドイツ屈指のサッカー専門誌「Kicker」が算出する選手採点(1が最高、6が最低評価)では、鎌田の採点が13試合の平均で2.55と、ドルトムントのGKグレゴール・コーベル、チームメイトのFWランダル・コロ・ムアニらを抑え、リーガ全体で堂々のトップに君臨している。

鎌田大地 photo by Fantasista Getty Images
 

今季の鎌田はアイントラハトのオリバー・グラスナー監督が用いる3-4-2-1システムの中で、「2」にあたるインサイドハーフのポジションをドイツ代表のマリオ・ゲッツェ、デンマーク代表のイェスパー・リンドストロームと争うと目されていた。

しかし、彼らがあまりにも高水準質なプレーを披露実行し続けたため、グラスナー監督は鎌田をボランチのポジションへコンバートする「3人共存策」を選択した。その結果、アイントラハトは攻撃力が格段に高まってブンデスリーガ中断時点で4位、そしてCLではトットナム(イングランド)に次ぐ2位でグループステージを突破して進撃を続けている。

ドイツ国内における鎌田の評価は、次のプレーの予測が不可能な「マジシャン」として定まりつつある。広角駆動を誇る足首を駆使したドリブルで相手DFを引き剥がし、正確無比なスルーパスで味方のゴールをお膳立てするだけでなく、絶妙なタイミングで相手ゴールへ侵入してゴールゲットする能力をも見せつける。

また今季の鎌田はミドルエリアでの肉弾戦で一切引かず、フィジカル勝負でも相手を制するシーンが増えた。ドイツメディアは「鎌田を自由にさせると危ない」と認識しており、直近に行われた日本代表VS.vsカナダ代表で森保一監督が鎌田をボランチで起用した点にも注視している。

関連記事