2022.11.24

牛65頭を襲った“怪物ヒグマ”の「OSO18」、被害現場から「足取り」が見えてきた…!

OSO18の正体に迫る
北海道東部の標茶町と厚岸町で、4年にわたって、牛を襲い続けているヒグマがいる。これまでの被害は、65頭。31頭が死亡し、32頭が負傷、残る2頭は行方不明だ。負傷した牛の多くも傷が癒えず、殺処分される。北海道庁は、最初の被害現場である標茶町オソツベツと、現場に残された幅18cmの前足の足跡から、そのヒグマを「OSO18(オソ・ジュウハチ)」と命名。捕獲を試みてきたが、いまだ成功していない。

私たちは、2022年の年明けから、被害を受けた酪農家、対策にあたってきた役場や北海道庁に取材。そして捕獲を託された「OSO18特別対策班」の密着撮影を行ってきた。見えてきたのは、OSO18というヒグマの思いがけない正体。そして、そのヒグマが偶然に生まれたものではない、という事実だった。前編ではOSO18による被害についてお伝えしたが、取材を進めるなかで、被害現場の“ある共通点”が見えてきた。まずはその話から始めよう。(NHKスペシャル「OSO18」ディレクター 山森英輔・有元優喜)

※本稿は11月26日放送「NHKスペシャル OSO(オソ)18 〜ある“怪物ヒグマ”の記録〜」取材班が制作した記事を紹介しています。

見えないOSO18を導く“道”があった

目撃されないOSO18の姿。被害は直径30kmの範囲に広がり、それぞれの地点間を移動するには鉄道や国道を何度も横断せざるを得ない。だが、なぜかOSO18は一度も目撃されることなく、襲撃を繰り返している。

私たち取材班は、約1年をかけ、全35軒に及ぶ被害を受けた酪農家の9割に聞き取り調査を行った。取材記録から浮かび上がってきたのは、異なる日に異なる場所で起きた襲撃が、極めて似た環境で発生していたということだった。

2019年8月6日に被害にあった酪農家・佐藤守さんは、被害現場の放牧地でこう証言した。

「昔はこういう風に開けた放牧地じゃなくて、木が生い茂ってて、ここは『熊の沢』って呼ばれてたんです。牛を飼うために放牧地をどんどん広げてきましたから。もともと熊のいるところを切り拓いたというか」

2021年7月1日に被害にあった酪農家・高野政広さん(※「高」ははしごだか)は、別の被害を受けた放牧地でこう証言した。

「牛が襲われた場所から向こうの沢は、昔、別名『熊の沢』って言われてたんですよね。そばにうちの牛が夜寝てて、多分、『熊の沢』からそーっと来て、ガッと襲ったのかなと」

いくつかの異なる被害現場のすぐ脇に、「熊の沢」という共通の名を持つ沢が存在していたのだ。私たちが確認できただけでも、「熊の沢」は町内に5か所もあった。

標茶町中チャンベツにある熊の沢/NHK提供
 

北海道の開拓期、まだ人間の開発の手が今ほど入っていなかった時代、ヒグマは現在よりはるかに多く生息していたと推測されている。ヒグマが跋扈していた頃の記憶が色濃い時代に名付けられた「熊の沢」は、ヒグマが住みやすい環境がそこにあることを今に伝えていたのではないか。地図に載ることもない地元の人たち独自の呼称が、今回のOSO18の被害を予見していた可能性がある。

関連記事