2022.11.25

“40歳妻としか性体験がない”33歳男性の「初不倫」の末路…“妻に嫉妬した”26歳不倫相手が男性をベッドに縛りつけた「ヤバすぎる動機」

結婚は契約である。

夫婦には「お互い以外と性的関係を結んでいけない」貞操の義務があり「相手が自分以外と性的関係を結ばないことを要求する」貞操の権利を有する。

ゆえに不倫は契約違反であり、民法上は違法行為として扱われるため損害賠償(慰謝料)の発生案件となるわけだが、財布よりも痛むのは心。

裏切られた配偶者はもちろんのこと、戯れの恋の相手にされた愛人の心痛も計り知れないだろう。

前編に引き続き、今回は不倫相手に弄ばれたことを知って心を病んでしまった愛人女性の事例をご紹介する。彼女の想像を絶する愚行で、幕引きとなったこの不倫劇は読者の皆様にとっても「他山の石」となるケースだろう。

photo by gettyimages
 

不倫関係の解消に動き出す

外科医の小野慎吾(33歳・仮名)は妻・佐和子(40歳・仮名)がいるにもかかわらず、単身赴任先の病院で知り合った看護助手の愛理(26歳・仮名)と不倫関係になる。しかし、愛理の束縛を重く感じた慎吾は不倫関係の解消に動き出す。

SPONSORED