ミュージカル『刀剣乱舞』『テニスの王子様3rdシーズン』 といった2.5次元舞台のほか、さまざまなジャンルの舞台・映像で活躍している俳優・牧島 輝 さん。12月2日に公開となる 映画『海岸通りのネコミミ探偵』でペット探偵見習いの主人公・猫塚照を演じる。この作品は単にネコミミをつけた探偵の物語ではなく、行方不明のペットを探す探偵の話。自身ペットとは兄弟のように育ったという牧島さんに、芸能の世界を目指した理由からアルバイト時代のお話、そしてペットへの思いなど、詳しく伺った。

撮影/山本倫子
牧島 輝 (まきしま ひかる)
俳優。1995年8月3日生まれ、埼玉県出身。A型。ミュージカル『刀剣乱舞』や、ミュージカル『テニスの王子様3rdシーズン』 など、2.5次元舞台に多く出演している。また、“さぐぱん”名義で歌手としても活動。2022年5月に1stミニアルバム『さぐわん』をリリースした。2023年2月より、帝国劇場で上演される舞台『キングダム』に出演予定。映画『海岸通りのネコミミ探偵』が、12月2日より全国公開。https://makishima-hikaru.net/
 

自分が好きな作品の世界に入れる不思議

子どもの頃から、クリエイティブな作業をするのが好きでした。なかでも絵を描くのが好きで、僕が幼稚園に通っていた 頃には、母がきちんと習わせようと教室へ連れて行ったこともあったようです。でも僕は皆と同じものを描くのがイヤで、泣きわめいて拒んだのだとか。母は一度で諦めたと言っていました(笑)。

その後も自己流で描き続けていたところ、僕の絵を見た高校時代の先輩が「すごくいいね。でも基礎はやっておいたほうがいいよ」と言ってくれて。独学ながら、デッサンの勉強をしていた時期もあります。そこからインスタグラムなどで趣味のイラストをみなさんにお披露目するようになりました。

牧島さんが自身のインスタグラムで発表した作品。誕生日に描いたものだという

漫画も大好きで、これまでかなりの数の作品を読んできました。小さな頃はお小遣いがあまりもらえなかったため、姉たちが買ってきた漫画を読ませてもらったり。『DEATH NOTE』『花より男子』『ROOKIES』などは僕が中学生の頃に実写化もされ、そちらも夢中になって観ていました。

そうやって実写化された作品に触れるうちに、「大好きな世界の中に入れるって、すごく不思議で素敵なことだな」と思うようになって。自分もその一員になることを夢見て、17歳のときに俳優の養成所に入りました。