猫との暮らしで、ますます丸くなった心

「猫のお母さん」としても人気を集めている歌手の藤あや子さん。
twitter(@fuji_ayako)やInstagram(@maru0reland)などで愛猫「マルオレちゃん」(マルくん、オレオちゃんの姉弟猫/藤さんはマル坊、オレちゃんと呼んでいます)の写真を日々公開し、たびたびバズっています。

人気の秘密は、マルオレちゃんのかわいらしさだけでなく、その奥に藤さんの深い猫愛が見えるところです。SNSにもこんな声が上がっています。

「写真を見てると猫ファーストな生活をされているんだな、ってよくわかる」
「マルオレちゃんの表情、いつもとっても楽しそう。見ているだけ幸せ」
「無理やりやらされている感じがなくて、どの写真も自然で素敵」
「お料理を前にした写真も猫たちがわかってポーズ取っている感じ」

左があざとかわいいオレオちゃん、右が甘えん坊のマルくん。合わせて「マルオレちゃん」と呼ばれています。写真/藤あや子
 

「仕事柄、マルオレちゃんに並んだキメポーズで撮影することもありますが、正直やっぱりぎこちない。いい表情は、瞬間的に何気なく撮ったものがほとんどです。いい写真を狙いすぎると、『そんなの知らないよ』とばかりに彼らは非協力的になります。猫って本当に頭がいいなって思います(笑)。

我が家で恒例になっている食卓とマルオレちゃんの写真も、無理やりではありません。自ら椅子に乗って待っていて、こちらがびっくりすることもあります。もちろん、マルオレちゃんの気分が乗らなければ撮影しないし、今日は座ってくれるかな、というときだけ撮影をしています。撮れないときは撮れないでいい、猫とのつき合いはそれぐらいフレキシブルな感じがちょうどいいと思っています。マルオレちゃんと暮らすようになって、無理をしない、“まぁいっかもあり”な暮らしが当たり前になってきましたね」と藤さん。

定点写真になっているマルオレちゃんの食卓ショット。こちらは山の別荘バージョン。マルオレちゃんの気分が乗らないときは撮影なし。無理はしないと決めているそうです。写真/藤あや子

藤さんはマルオレちゃんと暮らし始めて、この「多くを求めすぎず、猫のペースに合わせる」の精神で、丸く穏やかな気持ちをいい状態で持続できるようになったといいます。今回は、そんな猫との暮らしとメンタルについて、マルオレちゃんが藤さんの心にどんな影響を及ぼしているかを伺ってみました。