2022.11.30
# 菅義偉 # 政局

「安倍さんの後継者は俺だ」菅義偉前総理が見せつけた「剛腕」に岸田・麻生が震えた日

自壊が止まらない岸田政権を横目に、反攻の機会をうかがい続けてきたのが菅義偉・前総理だ。その菅氏がついに動いた。前編【菅義偉がついに「ステルスモード解除」…!どん底の岸田政権に「反撃の狼煙」を上げた】に続いて、風雲急を告げる政局の最新情勢をお伝えする。

萩生田批判をあっという間に鎮圧

菅に近い自民党議員が語る。

「もともと菅さんは、『ガネーシャの会』などの菅グループ約30人、二階派43人、森山派や旧石破派の約20人をあわせて、少なくとも90人をいつでも動かせる状態です。しかも本格的に派閥を作るとなれば、前回の総裁選で組んだ河野太郎(デジタル大臣)や小泉進次郎(自民党国対副委員長)も再合流してくる可能性が高い」

それに加えて今、菅は自らの背中に、安倍晋三の面影を背負おうとしている。迷走を続け、リーダーシップを失った岸田に国民は愛想を尽かした。「強いリーダー」が必要なのだ。そう、かつての安倍晋三のような――。

菅は、自身を安倍の正統な後継者、つまり自民党最強にして唯一の「キングメーカー」であると鮮烈に印象づけるため、わざわざ安倍の写真展へ初日から足を運んだのである。

Photo by gettyimages
 

続けざまに菅は、主を失ってバラバラに分解しつつある、自民党最大派閥の安倍派にも手を突っ込んだ。

「ここにきて、統一教会問題で萩生田(光一政調会長)さんを猛批判していた(萩生田の)地元・八王子の創価学会が、急に『撃ち方やめ』になった。創価学会の『政治担当トップ』である佐藤浩副会長に菅さんが直接交渉し、鎮めたのです。

菅さんは河野さんを再び総理総裁候補として立て、勝った暁には自分は副総理に就き、萩生田さんを幹事長にする政権構想を温めている。このタイミングで萩生田さんを救って恩を売り、同時に岸田政権の首根っこを掴むという動きは、まさに菅さんの真骨頂だ」(前出と別の自民党閣僚経験者)

萩生田は今は岸田のもとで奔走しているが、菅に文字通り政治生命を救われた手前、ゆくゆくは菅のために安倍派をまとめるしかなくなったのだ。

関連記事