上智大学の三浦まり教授らが、2022年に発表した47都道府県別のジェンダーギャップ(男女格差)指数が話題だ。これは政治・行政・教育・経済と4ジャンルで男女格差を数値化し、都道府県別にランキングしているデータだ。
結果を観ると、どの都道府県も五十歩百歩といったところ。「平等」と呼ばれる数値の半分程度しか満たず、いずれも男女平等からは遠い。つまり、女性の声が意思決定に反映されにくく、男性と比べ育児や家事の負担が重い。さらに教育や仕事の選択が制限されていることも判明した。

キャリア10年以上、3000件以上の調査実績がある私立探偵・山村佳子さんは「男女間の不均衡や男尊女卑の意識は根強いです。これがDVや浮気に結びつくこともあります」と語る。
彼女は浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の代表だ。
今回山村さんのところに相談にきたのは、派遣社員の女性(40歳)だ。九州の高校の同級生同士で結婚し、15年になる。「結婚15年間、九州男児の主人に仕えて生きてきました。でも、もう限界なんです」と現在の窮状を訴えていた。ちなみに、住んでいる地域でこうだと言い切ることはできないが、沖縄をのぞき、九州は先の都道府県別ジェンダーギャップ指数の4ジャンルで、ベスト5にひとつも入っていない。

この連載は、調査だけでなく、調査後の依頼者のケアまで行う山村氏が見た、現代家族の肖像でもある。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
山村佳子さん連載「探偵が見た家族の肖像」これまでの記事はこちら
 

「跡取りを産めなかったから離婚されるんです」

今回の依頼者、静香さん(40歳)は、「主人から離婚を切り出されました。浮気をしているのではないでしょうか」と、私たちに連絡をしてくださいました。
静香さんは、「ウチの主人は九州男児だから仕方がないんですけれど……」と前置きをするのです。私は九州男児像がよくわからないのですが、静香さんの話ぶりから、“一本気で逞しく威勢がいいが、その反面で視野狭窄、短気、自己中心、男尊女卑などのイメージがある”と推測しました。

静香さんは結婚15年、東京に出て来て3年だと言います。13歳と10歳の娘がいますが、夫は娘が生まれたときに「なーんだ、女か」と言ったとのこと。それに対して静香さんは「私が跡取りを産めなかったから」などと言っているのです。

出産は命をかけて大仕事。そして奇跡の積み重ね。それでも長女につづき女の子だったことで「なーんだ、女か」と口にするとは…Photo by iStock

その言葉からも、静香さんはモラハラを受けていると推測。妻を軽んじる夫は浮気をしていることが多いので、「これはクロだ」と確信しつつ、カウンセリングを始めました。感情が複雑にこんがらがっている夫婦の場合は、まずなれそめから伺います。