現在、幼児から高校生までを対象としたオンライン英語教室やハーバード生を講師陣にしたサマースクールを主宰する廣津留真理さん。一人娘のすみれさんは、小学校から高校まで公立校に通い、ハーバード大学に現役合格&首席卒業。大分という地方都市に生まれ育ち、海外留学したこともなければ、塾に通ったことも模試さえ受けたこともなく、ハーバードの面接も自宅の部屋からオンライン受験。12年間でかかった教育費は、たったの50万円だったという。帰国したすみれさんは、バイオリニスト、作曲家、著述家、大学講師、TV番組のコメンテーターなど、多方面で才能を発揮し活躍中だ。

家庭学習だけで、娘に世界トップの大学に入る学力を身につけさせた廣津留さんに、多くの親が悩まされる問題に答えてもらった。

廣津留真理(ひろつる・まり)
ディリーゴ英語教室代表/一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事/株式会社ディリーゴ代表取締役。早稲田大学卒業。一人娘のすみれさんは、大分の公立高校から塾なし留学経験なしでハーバード大学に現役合格&首席卒業。娘への家庭内での学習指導経験を踏まえて編み出した独自の「ひろつるメソッド」を確立。英語教室やセミナーにて、これまで1万人以上を指導。現役ハーバード生が講師陣のサマースクールSummer in JAPANは、2014年、経済産業省の「キャリア教育アワード奨励賞」受賞。「羽鳥慎一モーニングショー」「徹子の部屋」(テレビ朝日系)、「セブンルール」(カンテレ・フジテレビ系)などメディア出演多数。著書に、英語経験ゼロの子も1冊で長文読解までできるようになるドリル『英語ぐんぐんニャードリル ひろつるメソッド 最短最速! ゼロから一気に中2終了』 、娘と実践した家庭学習メソッドを公開した『成功する家庭教育 最強の教科書』(講談社)ほか。https://dirigo-edu.com
 

「勉強しなさい」と言わずに育てる

英語レッスンへの入会相談やセミナーなどで、多くの保護者に聞かれる質問があります。「子どもが勉強しないんです。どうしたらよいですか」
本当にみなさん困っていらっしゃいますね。

私は娘のすみれが子どもの頃、「勉強しなさい」と言ったことは一度もありませんでした。言わずに自ら楽しんで学びはじめるように、家庭内で仕掛けをしていたことはこれまでの記事でもお伝えしてきた通り。「『勉強しなさい』『宿題しなさい』と親に言われたことはなかった」というのは、私とすみれが主宰するサマースクールに関わってくれているハーバード生たちも決まって口にすることです。

廣津留真理さん(右)と娘のすみれさん(左)。母・真理さんとの家庭学習をベースに塾なしでハーバードに現役合格&首席卒業したすみれさんは、現在、「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターとしてTV出演、バイオリニストとしてコンサートでの演奏、2つの大学の講師など各方面で引っ張りだこ 写真提供:廣津留真理

ただ、勉強をしない子どもを見ていて心配になる、イライラしてしまう、このままでいいのか不安になる……そんな親御さんの気持ちもわかります。けれど、そこで「勉強しなさい」と言ったからといって、突然自分で勉強し始める子どもになってくれるわけではないのは、みなさんよくおわかりだと思います。

この問題にお答えします。解決策はただ1つしかありません。

子どもは実は勉強しています。その事実を認めないあなたがそこにいるだけ、と気づくことです。唯一の解決法は、子どもは勉強している、とまず認めることなのです。

子どもは自分なりのペースと量で学んでいます。なぜ認められないかというと、子どもに期待しすぎているからです。親の期待値マックス100とすると、子どもが20できたとしても、
どうしてもそれを「勉強している状態」とは認めたくないわけです。もったいないですね、20もできているのに。

「うちの子勉強しないんです」と言わない自分になる練習で、人生を楽にしましょう。いまからご紹介する“Yes, And” は「インプロ」と呼ばれる、即興劇に用いられるポジティブコミュニケーションのメソッドです。即興のコミュ力や表現力をロールプレイゲームで練習します。多くの企業や教育機関で採用されて結果を出しています。安心して相手が好きにアイデアを出せるようにして、クリエイティブに自由に学べるようにお互いの関係性を築く方法です。