2022.11.30

池袋で仁義なき「家電戦争」が始まった…!西武百貨店売却で四つ巴の潰し合いに

ヨドバシ、ビック、ヤマダ…勝者は誰に

ヨドバシ悲願の池袋進出へ

「池袋への進出は悲願だった。これなら業界首位も射程圏内だ」

家電量販店大手、ヨドバシカメラの幹部は鼻息を荒くしてこう話す。

11月11日、セブン&アイHDは傘下の百貨店、そごう・西武を米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループへ売却することを発表した。注目されるのは、そのフォートレスとヨドバシが計画する「西武池袋本店」への出店だ。

Photo by GettyImages
 

経営コンサルタントの河合拓氏が解説する。

「西武・そごうは直近3期で連続赤字を出すなど、事業価値はゼロに等しい。そこでフォートレスは不動産価値を上げようと白羽の矢が立ったのが、ヨドバシだったのです。

池袋はビックカメラが本店含め6店舗を構えるほか、ヤマダデンキの旗艦店やノジマ池袋東武店がある家電激戦区です。ヨドバシだけが進出の機会を逃していただけに、渡りに船だったわけです」

SPONSORED