2022.12.03
# エンタメ # ゴルフ # グラビア

ヌード写真集で話題の美女ゴルファー小澤美奈瀬。ゴルフウェアを脱ぎ捨てグラビア撮影に挑んだ理由

2nd写真集『MUSE』で圧巻のアスリートヌードを披露し話題になっている美女ゴルファーの小澤美奈瀬さん。12月4日(日)には秋葉原の書泉ブックタワーにてサイン会(当日受付可)を開催予定だ。前編記事「まるで軍隊…! 写真集で話題の美女ゴルファー小澤美奈瀬が振り返る「超スパルタゴルフ塾での日々」」では、坂田塾での過酷な練習の日々を明かした。今回はゴルファーとして初のグラビアに挑戦した理由について話してくれた。

小澤美奈瀬さん

お医者さんに「ゴルフを一生できません」と言われて

――ティーチングプロになったきっかけを教えてください。

小澤 プロを目指す中で2017年1月に大きな怪我をしてしました。練習のしすぎで左肩を疲労骨折してしまい、靭帯がやぶれるという大怪我でした。その時、お医者さんに「ゴルフを一生できません」と言われました。「スイングも一切してはいけません、あなたの腕はとれてしまいます」と。それまでゴルフしかしてこなかった人間だから、「これから先どうしたらいいんだろう」と最初は目の前が真っ暗になったように感じました。

小澤美奈瀬さん
 

でもそのときに先輩から言われたのは、「小学4年生のときから毎日毎日800球打ち続けてきたんだから、むしろ肩に『よく頑張ったね』って言ってあげなきゃ」ということでした。私も「確かにそうだよな、今まで頑張ってくれてありがとう」と思って、そうしたら肩の荷が下りたんです。

それで翌日には肩が痛いながらも、お世話になったゴルフ界にどうやってまた貢献していけるんだろうって考えはじめたんです。そこで自分はレッスンの資格をとるべきなんじゃないかと思いました。当時はまだ女性のコーチが全然いない時代でした。「やるなら世界最高峰を」と思い、USLPGAの資格をとりました。

SPONSORED