2022.12.08

不倫がバレた52歳「エリート商社マン」が直面した「ヤバすぎる現実」…娘にも見放され、財産もない

結婚した夫婦のうち、およそ3組に1組が離婚に至る現在。厚生労働省によれば、20年以上同居した熟年夫婦の割合が1947年以降、2020に過去最高の21.5%となっている。

恋愛カウンセラーで作家の安藤房子さんの元に相談にやってきた商社勤務の弘さん(仮名・52歳)もそのひとり。ある日出張から帰ったら、妻の荷物がなく家はもぬけの殻だった。その詳細は<【前編記事】「出張先の不倫」がバレた、52歳“エリート商社マン”が青ざめた…妻が仕掛けた逆襲の「ヤバすぎる中身」とまさかの逆ギレ>でお伝えした通りだ。

直接的に思い当たる理由は、幾度となく繰り返した不倫。しかし妻からはこれまで不倫を一度も咎められたことがなかったという。

急いで妻に電話をするがそれには出ずに、返ってきたのは「もう連絡してこないで」という返事と「弁護士経由で」という事務的なLINE。家を出たひとり娘にも「パパが悪いんだよ」とそっけなくされて…。

「妻あっての不倫だった」

「今も、家族で過ごしていた都内のマンションにひとりで住んでいるんですけどね。ふと、妻がもしかしたら帰ってくるのかと想像したりするんです。なんでひとことも言わずに出て行ったのか。せめて話し合いたいのに、俺はもう向こうの弁護士さんとしか話せない。30年も一緒にいたのにですよ!?

妻の実家に連絡しようとしましたが、考えてみれば、妻の両親は5年前に交通事故で他界してるんですよね。親戚付き合いもない。だから結局、誰にも連絡できない。

手元にあるのは1000万円支払ってくれという書類だけ。でも俺、今までの給料はぜんぶ妻に任せていたから、貯金ゼロなんです。妻がぜんぶ持ってるはずなんです。俺名義の持ち物はこの4LDKのマンションだけですから」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

妻には、「この夫には何を言っても無駄」という気持ちがあったのかもしれない。さらに、この年代の男女にはまだジェンダーというのが色濃く残っている場合があり、弘さん夫婦にも「男は浮気をして当然」「女は後ろから静かについていくもの」という空気があったのだろう。

しかし、奥さんはそれに耐えられなかった。おそらく、かなり早い段階から離婚を考えながら金銭面で自立する計画をたてていたように思う。家を出る前に保険を解約する、など、用意周到に感じる。

関連記事