2022.12.09

「“闇のカネ”は、奪っても安全なんです」元暴力団が語った「シノギ」のヤバい現実

巻き込まれない方法はあるのか?

大学で「社会病理学」の講義を担当している筆者は、これから社会に出てゆく学生諸君にリアルな社会問題の事例を紹介し、パーソナル・コンプライアンス意識の涵養に努めてもらっている。

その一例として【前編】『ホストにハマって「借金地獄」の女性を風俗へ…「ヤクザの副業」のヤバすぎる実態』では、元暴力団関係者の証言を手がかりに、裏社会における売春のカラクリとそれらのサービスに付随して生じる思わぬリスクについて紹介してきた。引き続き彼の証言を参考にしながら、裏社会のリアルに迫ってみたい。(以下は彼の発言)。

Photo by iStock
 

長期間にわたるシノギ

女の子からしたら、おかしなことに(利息をぼったくった)フリーランスの金貸しよりも、対面で回収しているおれの方が敵になるんですね。だから無理に払わせようとしない。ですから、50万集金しなくてはいけないのに、半値八掛け、いいとこ実質20万~30万円程度しか回収できないわけです。

しかし、関係を続けて息の長いシノギにするには、女の子が借金を返し終わった後にどれほど稼ぐかにかかってるんですよ。

だいたい、そうした店で働いた後は、女の子の方から「これから先も仕事したいけど、どこか紹介してくれませんか?」と言ってきます。まず7~8割の確率ですよ。おれの商売は、ここからが「純利益」になる。だから多方面の人脈が大切になるんですよ。

そりゃあ、西川口や巣鴨で働いた子は、お世辞にも若い美人やない。でも、世の中には多様なニーズがあるんです。熟女がいい、デブ専、貧乳が好み、チビがいい……とかね。だから人脈が大事。どこかしらの店には突っ込めるわけです。

SPONSORED