2022.12.22

売上0円のバックオフィス部門が稼ぐ組織に変わった理由

2/9 バックオフィスDXセミナー

2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法をきっかけにバックオフィス部門のDX化が急加速しています。法律・制度で決まったことなので順守する必要がありますが、実は攻めのDXの絶好の機会でもあります。 経理部門だけで考えず、人事や総務、法務といったバックオフィス全体のリプレイスを視野に適切なソリューションを導入するとバックオフィス部門の生産性向上はもちろん、フロントオフィス部門にも良い効果を与え全社DXが加速するのではないでしょうか。 そこで現代ビジネスでは、経理にとどまらずバックオフィス全体のDX化を目指す特別ウェビナーを開催します。バックオフィスのDX化で悩む方はぜひ本機会をご活用ください。

【無料お申込みでAmazonギフト券1万円分を抽選で5名様にプレゼント】

お申込み

イベント詳細

開催日時

2023年2月9日(木)13:00~17:00@オンライン

参加費

無料

募集人数
500名様
 
申込締切

2023年2月8日(水)12:00

主催

株式会社講談社 現代ビジネス編集部

協賛

株式会社LegalOn Technologies、ウイングアーク1st株式会社、株式会社SmartHR、Sansan株式会社、株式会社リセ

当日のプログラム

13時〜13時30分

講演1 
バックオフィス・トランスフォーメーション(BX)~間接部門を変革する方法~

バックオフィスの在り方を再定義し、DXなどを通じて付加価値を創出する プロフィットセンターへと転換する手法をお伝えします。

株式会社船井総研デジタル
代表取締役社長 社長執行役員
柳楽 仁史 氏

13時35分〜14時05分

講演2
「攻めの法務」が巻き起こすイノベーション

「イノベーション」を生み出すために契約業務や法務の役割は欠かせません。イノベーションを起こすために、法務にとって重要なことは「攻めの法務」の体制を築くことですが、「攻めの法務」とは何を指すのでしょうか? 例えば、日常の中で目にするようになったプロダクトやサービスでも、「攻めの法務」が重要な役割を果たしています。 本セッションでは、法務担当者がもたらすイノベーションの実現におけるポイントと「攻めの法務」の体制構築やポイントをお伝えします。

株式会社LegalOn Technologies
法務開発部 部長
奥村 友宏 氏

14時10分〜14時40分

講演3
電帳法対応だけじゃない
紙文化の脱却から始めるバックオフィスDXの進め方

法制度と働き方の変化によりバックオフィスを取り巻く環境は、場所・時間・人を成約する紙運用からデジタルにシフトしつつあります。本セッションでは、社内だけでなく取引先の紙運用までデジタル化する「invoiceAgent」のご紹介を中心に、電子帳簿保存法・インボイス制度への対応策など、バックオフィスDXを推進するポイントをご紹介させていただきます。

ウイングアーク1st株式会社
Business Document事業部 BD事業戦略部 
松本 華奈 

14時45分〜15時15分

講演4
ペーパーレスによる効率化のその先へ
〜業務負担を減らし経営に貢献するバックオフィス変革の進め方〜

ペーパーレスによる業務効率化は変革の第一ステップに過ぎません。重要
なのは、業務プロセスの変革とペーパーレス化で得られるデータを活用し
た経営戦略への貢献です。本講演では、業務負担減と経営貢献を両立する
バックオフィス部門の働き方について、クラウド人事・労務ソフトの導入
事例をもとに紹介します。

 

株式会社SmartHR
インサイドセールスグループ

神山 彩 氏

15時20分〜15時50分

講演5

法改正を見据えた請求書業務の再構築

「電子帳簿保存法改正」「インボイス制度の導入」など、請求書業務のデジタル化の流れが進む中、この機会に紙の請求書にまつわる業務フローを再構築しようとしている企業も多いのではないでしょうか。本セッションでは、インボイス管理サービス「 Bill One」のご紹介を中心に、請求書をオンラインで受け取ることから始める、請求書業務のデジタル化について講演します。

Sansan株式会社

ビジネス統括本部 マーケティング部 コンテンツプランニンググループ

西野 藍 氏

15時55分〜16時25分

講演6
危ない契約書を見抜くには?
秘密保持契約書の「リスク事例と回避策」~契約書AI編~

「秘密保持契約書(NDA)」は、締結回数が多い契約書類型ですが、見落としがちなポイントが存在します。 本セミナーでは実際に起きたリスク事例と回避策を取り上げます。 契約書のリーガルチェックの業務は、専門性が高く法的知識や会社の業務知識が必要です。このような状況下にて、法務人数が限られる中小企業で契約書業務を安心安全に遂行するためのリーズナブルな契約書AIレビュー支援ツールの具体的な活用法も解説します。

株式会社リセ
代表取締役社長、弁護士
藤田 美樹 氏

16時30分〜17時00分

講演7
バックオフィスが進めるDX。その本質とは︖

株式会社月刊総務
代表取締役社⻑
豊⽥ 健⼀ 氏

【無料お申込みでAmazonギフト券1万円分を抽選で5名様にプレゼント】

お申込み

【ウェビナーの参加について】
お申込みいただいた皆様には開催前日までにご登録のメールアドレス宛に視聴ページのURLをお送りさせていただきます。
メールの案内に従って記載のお時間までに視聴ページにお越しください。
▼ウェビナーにはZoom を利用します。
こちらにて視聴動作環境のご確認をお願いします。
視聴動画環境のご確認
※「Zoom」、Zoomロゴは、Zoom Video Communications, Inc.の商標または登録商標です。

【禁止・注意事項】
・視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
・ご視聴URLはお一人までしか視聴できませんので、ご注意ください。
・ウェビナーの録音・録画・撮影は禁止です。
・登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
・上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。
・通信費用はお客さまのご負担となりますので、Wi-Fi環境での接続を推奨しております。
・セミナーではご紹介する商品等の勧誘を行なうことがあります。

【お問い合わせ】
株式会社講談社 セミナー運営事務局
電話番号    03-5395-3642
メールアドレス    gendaibusiness_seminar@kodansha.co.jp

【協賛】株式会社LegalOn Technologies、ウイングアーク1st株式会社、株式会社SmartHR、Sansan株式会社、株式会社リセ

※AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。