2022.12.29
# 皇室

佳子さまに何が変化をもたらしたのか...「眞子さま渡米後、自室に閉じこもり」から起こったこと

19年の大学卒業以来、「公務嫌い」「ロイヤルニート」などと揶揄されることさえあった佳子さまが、明るい笑顔で公務に臨まれていることが注目されている。

前編『【プリンセス28歳の変身】佳子さまはなぜ「明るい笑顔」で公務に臨むようになられたのか』から続く。

「国民人気の高い佳子さまの露出が増えたおかげで、秋篠宮家への厳しい声も弱くなりつつあり、秋篠宮ご夫妻も安心して悠仁さまの教育に向きあえると、ほっとされているご様子です」(宮内庁関係者)

佳子さまにこのような心境の変化をもたらしたのは、眞子さんの渡米だという。

「姉が家を去った直後、佳子さまは自室に閉じこもり、職員とも距離を置いたそうです。これには両殿下も心配して、職員に『話しかけて気持ちを和らげてほしい』と相談したほどです。

頼りの姉が去った家で『このまま公務をせず、自分の部屋に閉じこもっていても未来はない』とご自身で考えた結果だと思います」(皇室ジャーナリスト)

Photo by gettyimages
 

結婚さえすれば、皇室から出て自由の身になれると思っていた。でも、自分の思いばかりを優先した行動をとると、お姉さまのように国民の反感を買って、いつまでもマスコミに追いかけ回されるだろう。なにより未来の天皇である可愛い弟に迷惑をかけたくない。それならば……。

関連記事