いまの日本では「患者本人の権利」が守られていない…現役医師と看護師が語る「安心して死ぬために人生の最後にできること」

前編記事『日本には安心して死ねる場所がない…現役医師と看護師が『安楽死』を語り合った「患者が最後まで自分の人生を自由に生きることはできるのか」』から引き続き、『後悔しない死の迎え方』 (ダイヤモンド社)の著者で現役看護師である後閑愛実氏と、『だから、もう眠らせてほしい 安楽死と緩和ケア医を巡る、私たちの物語』の著者である川崎市立井田病院腫瘍内科部長・西智弘氏が「安心できる死」について話し合った。

本人の意見よりも家族の意見の方が優先

後閑 死生観に関するあるオンラインイベントに参加したときに、複数の医療介護関係者が、自分だったら自分の意思が保てるうちに安楽死ができたらいいと思っているって言っていました。その人たちも患者さんの生き方を否定するわけじゃないから、職場ではこんな話はできないけど、とも言っていました。安楽死が良い悪いとかでなく、自分の価値観を話す場っていうのは、患者さんも医療介護職にも必要なんだと思いました。

西 医療介護職は何もできないという無力感を感じてしまうからかもしれないですね。『だから、もう眠らせてほしい』に「日本では、安心して死ねる場所がない」と書いた通りです。病気によって苦しい思いをして亡くなるというよりは、周りの人たちによって苦しい思いをされられて亡くなるってパターンがすごく多い。人生を周りに操作されているっていうのを毎日見ていて、無力感、とくに介護や終末期医療現場の人たちは感じてしまうのではないでしょうか。

 

後閑 結局、病院も施設も、本人の意見よりも家族の意見の方が優先されるんですよね。悪い言い方すると「死人に口なし」。「訴えてやる」とかいろいろ文句を言うのは家族ですから、そういうのを間近で見ているから、亡くなること自体より亡くなる前に周りにコントロールされる人生を送り、苦しめられる方が怖いっていうのは、私もあります。

西 だから安楽死制度があった方が、周りの人たちに振り回されずに自分の意志で選ぶことができ、自分を守れるような感じがするのかもしれません。

関連記事