「中・低所得層」を直撃…じつはこの10年で「生活必需品」がめちゃくちゃ値上がりしていることに気づいていますか?

電気代のとんでもない値上がりに悲鳴が上がっている。

ところで、じつはこの10年、日本では、「全体としての物価」は十分に上がっていなかったにもかかわらず、生活必需品は値上がりをつづけていた。

それはいったいなぜなのか?

気鋭のエコノミスト永濱利廣氏が、著書『日本病——なぜ給料と物価は安いままなのか』でその仕組みを説明している。

生活必需品の値上がりは10年続いている

生活必需品が実際にどれだけ値上がりしているのかを示したのが、図表6-2です。

「生活必需品」とは、文字どおり「生活するうえで欠かせないもの」で、具体的には以下のようなものを指します。

・食料品
・エネルギー(光熱・水道)
・家賃
・被服・履物
・交通
・保健医療

デフレだった日本においても、物価は下がっているのに生活必需品の値段はどんどん上がっていることがわかります。しかも、それ以外の物価は横ばいなので、その差は年々広がっています。