菅さん(前総理)エゲツない「岸田潰し」のアクセル全開…「岸田総理因縁の地、山梨」でヤバすぎる勝利宣言

突如岸田総理を口撃

「(総理とは)国民全体の先頭に立って汗を流す立場ですから、歴代の多くの政治家も派閥から出て総理を務めておられる」

菅義偉前総理大臣が1月10日、訪問先のベトナムで岸田総理を口撃した。

「菅氏は『文藝春秋』で岸田総理が就任後も宏池会に居座っていることに苦言を呈し、党内は大騒ぎ。加えて、外遊先でも同じことを繰り返した。

今回の菅氏の外遊は、直前まで予定を公表しなかったサプライズ。腹心・和泉洋人元総理補佐官も同行し、発言内容を念入りに計画していました」(全国紙政治部デスク)

Photo by gettyimages
 

年明けから「岸田潰し」のアクセルを踏む菅氏が、もう一つ自民党内を驚かせたのが、1月22日投開票の山梨県知事選の応援に姿を見せたことである。

「5日に現職の長崎幸太郎氏が開いた出陣式で、菅さん、二階派事務総長の武田良太さん、菅さん・二階(俊博元幹事長)さんと親しい林幹雄元幹事長代理が揃い踏みし、地元は騒然としました」(山梨の自民党関係者)

関連記事