TOP
>
大学選びの「正解」とはなにか。東大卒「予約の取れないプロ家庭教師」が回答!
2023.01.24

中高6年間の過ごし方5

大学選びの「正解」とはなにか。東大卒「予約の取れないプロ家庭教師」が回答!

コロナ禍でも過去最高の受験率となった2022年度の首都圏中学入試。首都圏に限らず、今や小学生のいる多くの家庭では「中学受験」「中高一貫校」の話題と無縁ではいられなくなっている。そして、中学受験を選んだり、中高一貫校を選んだその先に「大学受験」を考えている人も多いことだろう。

東京大学を卒業後、大手塾で人気講師となった後にプロ家庭教師としても予約殺到、SNSでも「ジュクコ」として人気の長谷川智也氏が上梓し、大反響の『中学受験 自走モードにするために親ができること』(講談社)。これに続く新刊『自考モードにする中高6年間の過ごし方』(講談社)では、「中学受験、その先」の有効な過ごし方など、すべての中高生家庭やその準備中である小学生家庭も知っておいてほしい内容を凝縮して紹介している。

本書より数回に分け一部抜粋、加筆改訂して紹介する連載記事。第4回と第5回は中学受験からもつながる「大学受験」をテーマにお届けしている。第5回では、第4回「文系?理系?AO?大学受験志望校の選び方・東大卒予約の取れない家庭教師が回答​に引き続き、大学を含めた進路の選び方の悩みに対する回答を紹介する。

大学進学、留学、浪人……わが子はどう決断すべきか

長年中学受験の小学生家庭や、その後の中学生、高校生家庭にも多く接してきたため、その間に生まれる悩みや疑問も多く受けてきました。『自考モードにする中高6年間の過ごし方』(講談社)の中からいくつかを紹介します。みなさんのお子さんのヒントになれば幸いです。

Q高校生の間に海外留学をしたほうがいい?

あくまで日本の大学受験をすることを前提とした場合の、僕の見解をお話しします。
留学をすると英会話に抵抗がなくなったり、英語や語学の勉強が好きになったり、リスニング力が向上したりと、将来的に大きなメリットはあります。しかし、日本の大学受験においてはその期間、勉強機会を失うだけと考えてください。

Photo by iStock.

ですので「留学も大学受験も両方しっかりやり遂げたい」と考えるなら、留学期間中もしっかり受験に向けた対策は続けるべきです。
実際カナダやアメリカに留学した教え子たちは、現地でも世界史の教科書を読んだり、遅れがちな数学の問題集をやったりしていました。日本と違って帰宅時間も早いので、毎日の生活の中で、自習をする時間は意外に取りやすいようです。
また思い切って留学期間を2年間以上にして、「帰国生入試枠」を使えるようにしてから帰国して受験という戦略もあります。

高校3年生で受験の結果が思わしくなく、浪人生となった子を指導する経験も多くあります。
僕が見る限り、浪人して結果うまくいく可能性は5分5分、と言わざるを得ません。

浪人して良かった、伸びた子の特徴ははっきりしていて、「高3の時に受からなくても、その時点で全力を尽くした子」です。
高3の時点で「今年は無理かも。浪人してもいいや」などと、どこかで思っている子は逃げ道をすでに作ってしまっています。こういうタイプは浪人しても同じ、どこかで逃げ道を自分で作ってしまうのです。

結局、現役時代に限界まで尽くしてやり、自分の甘さを思い知った子だけが「いい浪人生」となって、最終的に良い結果につながっていきます

SHARE
Facebook
Twitter
URLコピー

RELATED ARTICLES

関連記事