TOP
>
連載
>
小林さやかのコロンビア教育大学院・留学日
>
ビリギャル×恩師対談「中高一貫校に入ったけど高受したい」と悩む中学生への答え
2023.01.25

『ビリギャルチャンネル』対談・後編

ビリギャル×恩師対談「中高一貫校に入ったけど高受したい」と悩む中学生への答え

ベストセラーになった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信孝/KADOKAWA)のモデルになった、ビリギャル本人である小林さやかさんが、昨年『ビリギャルが、またビリになった日 勉強が大嫌いだった私が、34歳で米国名門大学院に行くまで』を上梓した。

小林さんは偏差値30台から慶應義塾大学に合格し、現在は米国のコロンビア大学教育大学院に留学中だ。挫折を繰り返しながらも名門校に合格した小林さん本人が書き下ろした本作は発売1ヶ月で重版がかかるなどすでに話題になっているが、本格的に受験シーズンとなった今、改めて多くの人に読んで欲しい1冊だ。

本記事は、小林さんと、小林さんの恩師であり受験のエキスパートでもある坪田信貴先生が共同運営しているYouTubeチャンネル『ビリギャル チャンネル』にて書籍『ビリギャルが、またビリになった日』発売記念として配信されたライブ『お久しぶり!坪田先生とさやかでYouTube Liveやります!!』を起こし、再編している。前編【ビリギャル・小林さやか×坪田先生対談 大人が学びこそが、子どもにとっての英才教育】につづき後編では、視聴者から寄せられた進路・受験などの悩みに対する、小林さんと坪田先生の答えと考えをまとめてお伝えする。

留学して5カ月、今度は英語で“ビリ”になった

坪田:さやかちゃんは現在コロンビア大学教育大学院へ留学中ですが、アメリカでの生活はどうですか? 

小林:今年の7月からアメリカに来て、ちょうど5か月が経とうとしてるところです(配信は2022年11月中旬)。渡米前はこちらにいる日本の方ともよく連絡を取っていたけれど、今はアメリカ、アルゼンチン、ロシア、台湾、香港、韓国…など世界各国の友人が出来ましたよ。さすがニューヨーク。世界中のいろんな人がいて、刺激になっています。

坪田:英語はどうですか? 慣れました?

小林:……。今回の本が『ビリギャルが、またビリになった日』というタイトルなワケですが。まさに今、英語に苦戦しています。大学院に通ってますが、英語が出来ないとマジで勉強に支障きたすレベル(汗)。教授は今なんて言った?宿題の内容なんだった??って、ついていくのに必死なわけ。周囲はみんな私より英語できるから、私だけ提出できなかったらどうしよう!って毎回なっています。…マジでムズイ!

『ビリギャルが、またビリになった日』小林さやか/講談社

そんな感じなので、今は授業を録音させてもらってます。私の英語レベル、赤ちゃんみたいなもんだから。教室には、大人たちの中に赤ちゃん(私)がいる感じですよ! だから、正直…辛い!!苦しい!!! なんでこんなところ来ちゃったんだろう?って、思う事がたくさんあり過ぎます(笑)。

「私、またビリだ!」。これがそのまま、今回の本のタイトルになったわけです。でもね、少し前まではまさかこんなことになるなんて思ってもみなかった。だから、辛いこともあるけど、英語で“ビリ”になって苦労してる今もまた“面白い”! そんな留学生活です!

SHARE
Facebook
Twitter
URLコピー
AUTHOR
細川 麻衣子

出版社で10年以上の編集者経験を経て、現在はフリーの編集ライター。男の子2人の母。

 

RELATED ARTICLES

関連記事