無理心中するも「自分だけ死ぬ決心がつかなかった」3児の母…日本では殺人の半数以上が肉親による犯行

わずか数年で犯人が戻ってくる…本当の地獄

現在日本で起きている殺人事件の過半数が、親族間で発生しているということを知っているだろうか。実に殺人の半分以上が、肉親による犯行なのである。

親族間の殺人でも、昔から一定数あったのが、親が幼い子供を殺す「子殺し」である。子殺しと一括りに言っても、生まれた直後の子供を殺害する「嬰児殺し」、日常的な暴力の中で死に至らしめる「虐待死」、自分の自殺に無理やりわが子を巻き込む「無理心中」など種類は様々だ。

子殺しの発生件数は年間数十件だが、表沙汰にならない事件を含めれば300件前後あるという推測もある。にもかかわらず、日本の刑法において、子殺しをした親に科せられる罪はさほど重くない。

出産直後の新生児を殺害する嬰児殺しの場合は、懲役3年前後。2人殺害しても懲役5~6年だ。虐待でも揺さぶり死の場合は、無罪~懲役3年ほどで済み、無理心中(親は未遂で子供だけが死亡)の場合は執行猶予で済むことが多い。

明らかな故意の虐待の場合は、社会的に注目を浴びた大事件なら懲役10年以上になることがあるが、親の病理が大きな要因と見なされれば執行猶予か、数年の懲役で済まされることもある。

メディアは、こうした事件の表層的な事実しか報じない。かなり大きな事件であっても、判決が出た後は報道を止める。しかし、家族にとって問題なのは、わずか数年の短期の懲役で子殺しをした親がもどってくるということだ。

たとえば、五人家族の中で母親が嬰児殺しをした場合、3年ほどで母親が刑務所から出てきて、再び家族の輪に加わることになるのである。それを迎える夫や他の子供、あるいは親戚の不安はいかばかりだろう。だが、その苦悩が一般に知られることは皆無に等しい。

今回は、メディアが報じることのない「子殺し後」について、家族殺人事件ルポ『近親殺人 そばにいたから』で紹介した事件を通して考えたい。

岡垣弓子(仮名)は、1966年に北関東の温泉街に近い町で生まれた。

幼い頃から問題行動が目立ち、同級生とのトラブルなどによって親が呼び出されることが頻繁にあったそうだ。

 

中学を卒業後、弓子は進学せず、近所の温泉街で住み込みの仕事をはじめたものの、そこでもトラブルは絶えなかった。勤め先から商品を盗んだり、同僚とぶつかったりしたのである。警察が出動する事態になったこともあり、未成年だったことから、実家の親がたびたび引き取りに行かなければならなかった。

関連記事