「反リニア」で機能崩壊する静岡県庁組織…川勝知事の“勘違い”を押し通す「ヤバすぎる内幕」

「静岡県の水は一滴も県外へ流出させない」

静岡県はリニア開業を遅らせるため、川勝平太知事の“勘違い”を強引に押し通すことに必死だ。静岡県庁組織は「機能不全」ではなく、「機能崩壊」寸前である。

JR東海のトンネル工事中の湧水全量戻し策として提案された東京電力・田代ダム取水抑制案に、川勝知事は2023年1月4日の年頭あいさつで触れ、「(水利権について)当事者でもない(JR東海が)、水利権について当時者である東京電力との関係を明らかにされる必要がある。これ(田代ダム取水抑制案)は検討の余地がある」などと述べた。

昨年夏、取水抑制案の田代ダムを視察した川勝知事(静岡市、筆者撮影)
 

「検討の余地がある」とは、2022年12月27日の定例会見で記者たちの“一斉攻撃”を受けて、嘘やごまかしがきかないと見て、川勝知事が最後に述べた言葉である。しかし、1月4日の年頭あいさつで、あらためて「検討の余地がある」と述べながらも、やはり川勝知事は“本性”を露呈してしまったのだ。

田代ダムは大井川水系唯一の東京電力の発電用ダムで、山梨県早川町の田代川第二発電所、第一発電所に大井川の水が使われた後、山梨県の富士川水系に放流され、大井川に戻ってこない。中部電力の発電用ダムは32カ所あり、発電所18カ所で大井川の水が使われ、すべて大井川に戻されている。

東京電力は毎秒4.99立法メートルの水利権を有し、単純に計算すれば、日量約43万立法メートル、月量約1300万立法メートルという膨大な水を静岡県から山梨県に放出している。その代わり、静岡県は東京電力から毎年、流水占用料約3000万円をもらっている。

“世界最大級の断層地帯”がある山梨県境西側の南アルプスリニアトンネル静岡工区で、JR東海は作業員の安全確保を踏まえ、山梨県側から掘削する。

関連記事