銀座で一人2万円を超える「高齢者へバラマキ」の怒り【歌舞伎一等席、豪華幕の内弁当、お買物券3千円】

8000人の高齢者を「無料招待」

今年4月の統一地方選挙を前にして、目を疑うような高齢者(中心は、団塊の世代)への大盤振る舞いが発覚した。実施されたのは、2022年9月8日(木)・9日(金)・13日(火)~15日(木)で、場所は歌舞伎座(東京都中央区銀座4-12-15)だ。歌舞伎座を貸し切って、8000人超の高齢者が無料で招待された模様だ。

 

中央区議会議員高橋まきこ議員のブログ(9月21日)を見てみよう。

<先日、5日間に渡る中央区敬老大会が開催されたと報告を受けましたので、中央区の高齢者に向けたお祝いについて、調べてみました。基本的に毎年、実施されています>

<コロナで久しぶりの同日に集まる「大会」となったそうです。今年は歌舞伎座を5日間、午前中に貸し切り、定員を超える申し込み希望があったそうです。例年、歌舞伎座、新橋演舞場、明治座を交替で会場にしているそうです。今年は、来賓が100人を含み、5日間で8,800人が観覧する、大規模なものでした>

photo by Gettyimages

なんと8800人と来賓100人が無料で歌舞伎を観劇した模様だ。他観覧者のブログによると「夫婦単位で申し込んだので、女房も1階席で私の隣だった。この席の料金は通常価格で『1万6000円』である」という入場料に加えて、豪華な幕内弁当が配布され、さらに「8月末に歌舞伎座のチケットを受け取った少し後に、また中央区からプレゼントがあった。それは『買物券と食事券』が兼用のチケットで、3000円分が封筒に入っていた」のだという。

関連記事