2023.01.25

医学部入試「面接試験」の驚くべき実態…本当に「いい医者になる学生」を見抜けるか

そこで問われているもの

大学入学共通テストが終わった3日後の1月18日から私大医学部の1次試験が始まった。すべての医学部では1次試験の合格者に面接試験を実施している。将来の職業に直結する学部なので、コミュニケーション能力、人間性などといった医師としての適性を面接で確認したいという考えからだ。

それでは、医学部ではどのような面接が行われているのだろうか。2022年入試での質問や、今までに取材した医学部教授らの本音、医学部専門予備校の担当者のアドバイスをまじえながら、医学部面接の現状や対策について紹介したい。

Photo by iStock
 

合否を決定する面接は、4つの形式で実施

2018年に東大が医学部入試に面接を復活させ、2020年に九州大学が面接を導入したため、現在、すべての医学部が面接を実施している。面接では医師の適性や人間性などを確認しているが、その比重は大学ごとに異なっており、面接に点数を設けている大学もある。なかには、「面接の評価が著しく低い場合は不合格となることがある」と、入試要項に明記している大学もある。

医学部の面接形式は個人面接、集団面接、集団討論、MMI(マルチプル・ミニ・インタビュー)の4つ。このうちもっとも多くの大学が採用しているのが個人面接だ。受験生1人に対して、複数の面接官が質問を行う。

医師を目指す理由、大学の志望理由、理想の医師像、受験生自身についてといった定番の質問の他に、表1に示したような医学に関するテーマ、医療ニュースに関する質問も多い。なかには、「こんなことまで聞かれるんだ」と感じる質問もある。

表1:個人面接での質問例(メディカルラボ提供の調査データをもとに筆者が作成)
・人工呼吸器が一つしかないとき、10代の子ども、40代の男性、80代の高齢者の誰につけるか。(名古屋市立大学 一般)
・病院の経営状態が悪く、看護師が大量にやめてしまった例がある。看護師がかわいそうだと思うか、看護師にはもっと頑張ってほしいと思うか(北海道大学 一般)
・患者から「死にたい」と言われたらどうするか?(東北医科薬科大学 一般)
・課題文「認知症の90歳の高齢者が、家族が少し目を離したすきに線路へと進入し電車にはねられた。JRはその家族に賠償金の支払いを求めた。JRの判断は正しかったのか」を読んで、これについて詳しく聞かれる(旭川医科大学 総合型選抜)
・30秒間で窓の外を見て俳句を作りなさい(福井大学 一般)
・「親ガチャ」についてどう考えるか」(国際医療福祉大学 一般、愛知医科大学 一般)
・映画、アニメよりも小説の方が優れている点(埼玉医科大学 一般)

たとえば、「人工呼吸器が一つしかないとき、10代の子ども、40代の男性、80代の高齢者の誰につけるか」といったような命の選択に関する質問は、大人でも返答に窮するのではないだろうか。

また、「病院の経営状態が悪く、看護師が大量にやめてしまった例がある。看護師がかわいそうだと思うか、看護師にはもっと頑張ってほしいと思うか」という質問に対しても、意見が分かれるだろう。

SPONSORED