2023.01.29

国家公務員給与大幅引き上げへ!? 借金してまでの賃上げで本当に経済好循環が始まるのだろうか

「国家公務員の賃金引き上げ」をすべり込ませる

1月23日に国会で行われた岸田文雄首相の施政方針演説の中に驚くべきひと言が含まれていた。「構造的な賃上げ」というくだりだ。「まずは、足下で、物価上昇を超える賃上げが必要です」というのは岸田首相が繰り返し主張してきた「分配」すれば経済の好循環が始まるという話で、庶民からしても物価が上がり続ける中で賃上げしてくれるならこんな助かる事はない。「おや」と思ったのはそれに続く次の言葉だ。

by Gettyimages

「政府は、経済成長のための投資と改革に、全力を挙げます。公的セクターや、政府調達に参加する企業で働く方の賃金を引き上げます」

意図的なのか、文章としてはつながりが悪く、「政府は」がどこまで掛かるのか、判然としないが、政府が「投資と改革に全力を挙げる」のは当たり前の話として、それに続く一文である。突如「公的セクター」という言葉が出てくるのだ。意図的に様々な言葉をはさんでわかりにくくしている感じだが、余計な言葉を削ぎ落とせばこうなるのではないか。

「政府は、公的セクターで働く方の賃金を引き上げます」

そもそも政府の文章で「公的セクター」という言う言葉はあまりお目にかからない。だから余計に耳に残ったのである。かつてバブルの惨禍である銀行の不良債権を処理する過程でさんざん「公的資金」という言葉が使われたことがあったが、要は国の財政、つまり税金で銀行の損失を穴埋めするという話だった。同じような臭いを感じたのだ。

「公的」というのが何を指すのか。本当は「国家公務員」と言いたいのではないか。つまり、施政方針演説という「政府の大方針」の中に、さらっと「公務員の賃金引き上げ」をすべり込ませたのではないか。

 

実は、同じフレーズは1月4日に行われた年頭記者会見でも語られていた。こちらの方がより明確だ。

「政府としても、最低賃金の引上げ、公的セクターで働く労働者や政府調達に参加する企業の労働者の賃金について、インフレ率を超える賃上げが確保されることを目指します」

もちろん、同じ発言でも、記者会見で語るのと、施政方針演説で表明するのとではまったく意味が違う。国会演説での首相の発言は公式な方針である。官僚機構はこれに従って、法案作成などの作業に入る。それが、記者会見よりも曖昧な、余計な言葉にないまぜにした表現に変わっていたのは、国家公務員の給与を引き上げると明言した場合、国民の反発を受けると考えたからだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
SPONSORED