「11人の妻を10年以上」もてあそんだ74歳怪人の手口《UFOの映像を見せ「私と性交しないと死ぬ」》

早朝の住宅街に激震が走った。捜査員に催涙スプレーを噴射し、スキンヘッドの額から流血・逮捕されたのは、「ハーレム男」こと渋谷博仁(74歳)。多くの女たちを弄んできた悪辣な手口に迫る。

「私と性交しないと死ぬ」

「こんな(一夫多妻)生活をしているので絶倫と思われるかもしれないが、そんなことはない。みなさんが想像するほどセックスは頻繁には行っていません。(中略)女性たち全員の表情を見ているとセックスをしたいと思っている子がわかる」

17年前、自らの性生活をこう語っていたスキンヘッドで小太りの異様な風体の「怪人」と、男に寄り添い続けている茶髪で痩身の「妻」―。二人が逮捕されたのは、今年の2月7日のことだった。

本誌より
 

「一夫多妻生活を送っていた渋谷博仁容疑者(74歳)と、9人いる『妻』の一人、千秋容疑者(43歳)です。容疑は、昨年12月、10代の女性を自宅に連れ込み、洗脳状態にして性的暴行を働こうとした、準強制性交未遂。被害女性は千秋のアルバイト先の同僚で、『いい占い師がいる』などと誘い出されていました」(全国紙社会部記者)

渋谷は被害女性に対してUFOの映像を見せ、「宇宙人に連れ去られて皮をはがされる」「死なないためには私と性交するしかない」などと、意味不明な話を長時間して脅迫。そのまま性交を強要しようとしていたという。

じつは、彼らが逮捕されたのは今回が初めてではない。

関連記事