2023.03.16
# 事故物件

事故物件を150軒訪ねたユーチューバー『オウマガトキFILM』が驚愕した「ヤバすぎる隣人トラブル」の中身

週刊現代 プロフィール

浴室の点検口を開けると…

するとそこには黒いビニール袋が置いてありました。『お客さんのものですか?』と尋ねても、『開けた覚えもないです』と困った様子でした。それで私たちはその袋を下ろして、中を開いてみたんです。すると中からは薬物と注射器がたくさん出てきました……いつのどの入居者のものかもわかりません。それまで点検口にあったことは誰も気づかなかったんです

ほかにはこんなケースもあった。男性が20年くらい一人暮らしをしている一室があった。彼の退去後、天井の天袋を開いた45Lのゴミ袋がたくさん置いてあったという。物置にでも使っていたのかな……と思って中を見ると、全部、女性物の下着だった……。

「入居前にそうした『不可思議な場所』も気にしてみてもいいかもしれませんね」

さて、気にしておくべきは「事故物件かどうか」だけではない。事故物件を気にする以上に気を付けたいポイントをヒロさんが説明してくれた。

 

「鍵です。新品かどうかは必ず、調べたほうがいいですね。入居時に鍵の交換費用を払って、鍵を貰っても実際は使いまわされていることがあるんです」

以前、入居者が夜逃げした物件があった。そのため、管理会社は荷物をすべて廃棄し、室内もきれいにリフォームした。すると、その部屋を若い女性が借りることになったという。管理会社は女性に部屋の鍵は変えずに渡した。するとしばらく経って、女性が帰宅すると知らない男が部屋に立っていた、という。いなくなった元住人が「合鍵」で開けて中に入ったのだ。

「事故物件より気を付けないことはたくさんあるんです新調にならないと後々トラブルになるパターンが多いんですね」

そこでシリーズ最終回『元不動産管理会社勤務のユーチューバー『オウマガトキFILM』が指摘!「事故物件よりヤバイ物件の本当の正体」』では失敗しない部屋の探し方についてヒロさんに聞いた。

関連記事