2023.03.25

ガーシーCH誕生前夜…ガーシーの憔悴し過ぎた姿に周囲が目を疑った理由

「なんか、スナフキンみたいですね」

国会での処分をめぐり日本中の注目を集めたガーシー。爆弾告発男として日本のVIPたちを震え上がらせたガーシーCHには、ガーシーを後押しし、そのスキームを提案した黒幕がいた――。

億単位の借金を抱え、詐欺疑惑をかけられたガーシーは、黒幕「A」に呼び寄せられ、ドバイの地を踏む。前編に引き続き、ガーシーCH誕生前夜の秘話を、元朝日新聞ドバイ支局長・伊藤喜之氏の話題沸騰の新刊『悪党 潜入300日 ドバイ・ガーシー一味』からご紹介する。                 連載『悪党』第2回後編

ガーシーは大阪府警からの電話に焦り、黒幕「A」がいるドバイに飛ぶ。11時間のフライトの末、2021年12月18日午前5時半すぎに、ガーシーは灼熱の都市ドバイに降り立った。

※本書では後に明かされるが、本文中の「男」とはガーシーこと東谷義和氏である。

「本当に来たんですか」

早朝だったので、ターミナルのベンチで数時間ほど待機した後、男は空港近くの宿に徒歩で向かった。ドバイという都市から連想する高級ホテルとはあまりに落差の大きい田舎のモーテルのような安ホテルだった。

チェックインの手続きを済ませ、ひと息ついたが、昼近くになり、メッセージに気づいたAからは「本当に来たんですか」と驚き混じりの返事が届いた。ドバイ行きはAにも伝えていなかったからだ。

「じゃあ、とりあえず俺の家に来てください。美味いものでも食べてから、いろいろ話しましょう」

男はしばらく休んだ後、帽子を被り直し、A宅に向けて出発した。目的地まで10キロ以上はあったが、歩くしか選択肢はなかった。

市街地から続く幹線道路沿いを歩いていった。近代的な高層ビル群が立ち並ぶエリアにも出たが、所どころ空き地もあり、サラサラの砂が露出していた。その事実は初めて踏み入れたドバイという土地が砂漠(土漠)に人工的に造られた都市であることを男に感じさせた。
  
ドバイはかつて砂漠に囲まれた漁村のイメージで語られるような場所だった。国名としてはドバイ首長国と呼ばれ、1971年にイギリスの保護領を脱し、近隣の六つの首長国とともにアラブ首長国連邦(UnitedArab Emirates、略称UAE)として独立した。

以来、半世紀をかけて中東を代表する商都として発展を遂げてきた。ドバイは潤沢な石油に恵まれているというイメージがつきまとうが、実際には国全体の9割の原油資源を持つのは隣接するUAEの首都アブダビだ。ドバイも一定の石油は有するものの、石油だけに経済を頼りきれるほどの埋蔵量はない。だからこそ、1980年代から金融や観光に力を入れる都市形成に舵を大きく切り、海外からカネやヒトを呼び込み、経済を回すドバイ独自の成長戦略を採用した。

UAE全体が所得税や法人税の負担がない(2023年6月からは法人税9%を導入予定)というタックスヘイブン(租税回避地)であることに加え、「世界一の創出」というアイデアで、この戦略は軌道に乗る。世界最大規模のショッピングモールのドバイモール、国際線の旅客数世界一のドバイ国際空港、ボーイング777の旅客機を世界で最も多く所有する航空会社エミレーツ、世界最高額の賞金を誇った競馬レース・ドバイワールドカップ(現在はサウジアラビアのサウジカップに次ぐ世界2位の額)など、数々の「世界一」を生み出すことで海外から人々を引き寄せ、世界に名がとどろく国際都市ドバイを創り上げた。

  • 『成熟とともに限りある時を生きる』ドミニック・ローホー
  • 『世界で最初に飢えるのは日本』鈴木宣弘
  • 『志望校選びの参考書』矢野耕平
  • 『魚は数をかぞえられるか』バターワース
  • 『神々の復讐』中山茂大