tsuNagERU(つなげる)SDGs SDGs×ファッションのミライ 写真家が見たSDGs 都会っ子のデュアルライフ コスメ愛が止まらない
FRaU Web FRaU edu JAXURY
FRaU web 広告掲載について コンテンツマーケティングについて
TOP
>
驚きの技術や機能・効果がある、サステナブルな「キッチンアイテム」8選
2023.03.27

Sustainable Department_KITCHEN

驚きの技術や機能・効果がある、サステナブルな「キッチンアイテム」8選

自然を守ることや、働き手の人権を大切にすることは、ものづくりの新しい基準です。10人のアドバイザーと選んだ、意志ある作り手による衣食住のアイテム。今回は、キッチンまわりで活躍するアイテムを紹介します。私たち消費者にできるのは買い支えること。買いものは未来を変える投票です!

アドバイザーの皆さんは…
相馬夕輝(〈D&DEPARTMENT〉ディレクター) エバンズ亜莉沙(エシカルコーディネーター) 長田佳子(菓子研究家) 岸紅子(ウェルネスプロデューサー) 清水彩(フリーランスPR、ディレクター) 寺澤太郎(フォトグラファー) 中田由美(インテリアスタイリスト) 服部雄一郎(翻訳者) 早坂香須子(メイクアップアーティスト) 行方ひさこ(ブランディングディレクター)

再生ガラスの生み出す、
一期一会の色あいを楽しむ

右から、8オンス オールド各¥1980、8オンス タンブラー各¥1980/スガハラショップ青山☎03-5468-8131

1932年創業、千葉県九十九里に工房を構えるハンドメイドのガラスメーカー〈スガハラ〉。かねてから製造過程で出るガラスくずを再利用していたが、色や不純物が混ざったガラスは再生すると発色が安定しないので、破棄せざるを得なかった。その量、年間200トン。「Sghr Recycle」はそうしたデメリットを逆手に取ったコレクション。うっすら緑がかっていたり、青みや赤みが強かったり。偶然に生まれる一期一会の色を楽しめる。アイテムは食器や花器など36以上。

スポンジを替えて、海に流れ出る
マイクロプラスチックを減らす

ディッシュウォッシュ 5G セルロース各¥1650/イチーナ☎0879-25-5511

食器洗いスポンジから出る海洋プラスチックについては、専門家も警鐘を鳴らしている。ミクロに砕けたスポンジのカケラや、洗剤なしで洗えると謳うアクリル毛糸スポンジの毛などは、下水処理をすり抜けてしまうのだ。香川のブランド〈シンクニット®〉が開発したのは、植物由来のセルロースをウールで包んだスポンジ。ウールは自然繊維。海に流れ出ても微生物が分解してくれる。ウールは肥料としての可能性も期待される素材で、使用後に土に埋めれば、セルロースと共に生分解される。泡立ちよく、耐久性も抜群。

江戸の灰汁洗いをヒントに、
竹から作る植物性の食器洗剤

右から、BAMBOO MINERAL キッチンソープ 無香料(500ml)¥1870、リフィル(1000ml)¥2970/ラレシーブオーバンブー☎042-467-9891

竹のミネラル成分をベースに、天然由来成分だけで作った無添加の食器洗剤。植物性だが泡立ちがよく、油汚れもすっきり。手荒れがしづらく、人にも自然にもやさしい。竹炭を原料とするアイデアは、江戸時代の灰汁洗いから。灰汁は洗浄力のある強いアルカリ性。それに倣い、竹炭と竹炭灰から洗浄成分を抽出している。竹は日本の放置竹林から伐採しており、里山の竹林問題にもコミットできる。

SHARE
Facebook
Twitter
URLコピー

RELATED ARTICLES

関連記事

SUBSCRIBE NOW!

FRaUxSDGsメールマガジン

メルマガに登録するとSDGsに特化したFRaUの最新情報が受け取れます

Subscribe Now!
メールマガジン登録