tsuNagERU(つなげる)SDGs SDGs×ファッションのミライ 写真家が見たSDGs 都会っ子のデュアルライフ コスメ愛が止まらない
FRaU Web FRaU edu JAXURY
FRaU web 広告掲載について コンテンツマーケティングについて
TOP
>
使うたびに心地いい! 環境にも人にも負荷が少ない「日用品・生活雑貨」
2023.03.29

Sustainable Department_LIVING

使うたびに心地いい! 環境にも人にも負荷が少ない「日用品・生活雑貨」

自然を守ることや、働き手の人権を大切にすることは、ものづくりの新しい基準です。10人のアドバイザーと選んだ、意志ある作り手による衣食住のアイテム。今回は、日用品や生活雑貨を紹介します。私たち消費者にできるのは買い支えること。買いものは未来を変える投票です!

アドバイザーの皆さんは…
相馬夕輝(〈D&DEPARTMENT〉ディレクター) エバンズ亜莉沙(エシカルコーディネーター) 長田佳子(菓子研究家) 岸紅子(ウェルネスプロデューサー) 清水彩(フリーランスPR、ディレクター) 寺澤太郎(フォトグラファー) 中田由美(インテリアスタイリスト) 服部雄一郎(翻訳者) 早坂香須子(メイクアップアーティスト) 行方ひさこ(ブランディングディレクター)

熊笹や小豆など、
和の植物で染めた美しい色

熊笹、黒松、榊、小豆などで染めたボタニカリーカラーフェイスタオル各¥16500/エイトン青山☎03-6427-6335

しっかりとした厚みと、滑らかな手触り。そして、鮮やかな色。素材は吸水性のよい亜麻と綿で、染めはすべてボタニカルダイ。ファッションブランド〈エイトン〉のディレクター久崎康晴氏が手がける〈エシャペ〉は、環境負荷の少ない素材選びと製造方法、梱包資材を徹底しており、一部の製品は経年変化による退色をリフレッシュするための染め直しサービスも実施している。タオルのほかにベッドリネンやパジャマなども展開。

ブラウン管や蛍光灯から生まれた
美しい再生ガラス

INCENSE STAND 90φ各¥11550/ドロワーズ info@water-sup.com

再生ガラスの清らかさを、シンプルに引き出したお香立て。淡いグリーンは蛍光灯を、灰色がかったブルーはテレビのブラウン管をリサイクルしている。〈ウォーター〉はインテリアデザイナーの小倉寛之さんが立ち上げたブランド。スクラップ&ビルドを繰り返す都市計画や、大量消費を続ける社会など、内装設計の仕事に携わるなかで感じていた違和感から生まれた。奇をてらわないデザインは暮らしにすっと馴染み、飽きがこない。“長く使えること”を通して、これからの消費のあり方を提示している。

音響技術が進化しても、
部品交換で対応できるスピーカー

スモール トランスペアレント スピーカー ¥86680/ネイビーズ ☎03-6434-1541

スピーカーやイヤフォンなどの音楽アイテムは技術革新が目覚ましい。だが、そのたびに最新アイテムを買い直していてはごみが増える一方だ。そうしたサイクルに疑問を感じた創設者のパー・ブリックスタッド氏とマーティン・ウィラーズ氏は、半永久的に愛用できるスピーカーを開発。すべてのパーツが交換・修理でき、ワイヤレス規格が更新されたときは、ワイヤレスチップを交換するだけで最新型と同レベルの機能にアップグレードできる。パーツはリサイクルも可能。デザインもタイムレスで美しい。

SHARE
Facebook
Twitter
URLコピー

RELATED ARTICLES

関連記事

SUBSCRIBE NOW!

FRaUxSDGsメールマガジン

メルマガに登録するとSDGsに特化したFRaUの最新情報が受け取れます

Subscribe Now!
メールマガジン登録