2023.04.15

SNSに渦巻く不条理はニーチェが憎んだものだった!〈ルサンチマン〉の害悪とは《21世紀の必読哲学書》

混迷を深める21世紀を生きる私たちが、いま出会うべき思考とは、どのようなものでしょうか。

《21世紀の必読哲学書》では、SNSでも日々たくさんの書籍を紹介している宮崎裕助氏(専修大学文学部教授)が、古今の書物から毎月1冊を厳選して紹介します。

第3回(2)(全3回)はフリードリヒ・ニーチェ『道徳の系譜学』(中山元訳、光文社古典新訳文庫/木場深定訳、岩波文庫/ニーチェ全集第11巻、信太正三訳、ちくま学芸文庫)です。

(毎月第2土曜日更新)
「自己肯定の哲学」を唱えたニーチェ(「勝ち組富裕層のバイブル?「自己肯定の哲学」でニーチェが本当に伝えたかったこと」)。そのニーチェが憎んだものは、思いがけず私たちにも身近なものでした…!
(『道徳の系譜』木場深定訳、岩波文庫)

『道徳の系譜学』が冒頭で批判していたのは、イギリスの心理学者が道徳の起源に据えた利他的な行為であった。他者のために尽くすことや自己犠牲は、現在でも善行であり、美徳であるとみなされている。しかしここには自己犠牲という美名のもと、他者のためにと言いながら、それと引き換えに自身の利益を回復しようという偽善が含まれているとは言えないだろうか。利他的と称して、善人と評価されたいという利己的な欲望がないと言い切れるだろうか。

ここには自己否定を介した逆説的な肯定の論理がある。ニーチェが道徳の他者依存的評価を激しく糾弾するのは、このような論理を推し進めることによって、みずからの行為を自己肯定によってストレートに「よい」とみなす貴族的評価様式そのものが損なわれてきた事態に、人類全体の深刻な危機を見いだしていたからだ。ニーチェによれば、ローマに征服されたユダヤ人はその典型である。

  • 【新刊】バラの世界
  • 【新刊】ツァラトゥストラはこう言った
  • 【新刊】異国の夢二
  • 【学術文庫】2023年7月新刊
  • 【選書メチエ】2023年7月新刊
  • 【新刊】新版 紫式部日記 
  • 【新刊】妖怪学とは何か
  • 【新刊】人間非機械論
  • 中華を生んだ遊牧民
  • 室町幕府論