漁船に起きた「あり得ない事態」…突然、船員たちを死の際に追いやった「異常な出来事」

伊澤 理江

いったい何が起きたのか。

豊田も大道も新田も、事態を把握するどころではなかった。ひっくり返ると思った次の瞬間には海の中で波にもまれていた。激しい2度の衝撃からわずか1~2分ほど。傾きが一気に増してからは、ほんの数秒で船は転覆した。

海に投げ出された者もいれば、船内に残された者もいる。

生と死の分岐点だった。

この続きは、本記事の抜粋元『黒い海 船は突然、深海へ消えた』(講談社現代新書)にてご覧いただけます。本書では、2008年に起きた第58寿和丸の転覆事件について、その詳細を語りながら、謎に包まれた「原因」に迫ります。漁船を転覆させたモノの「正体」とは……。ぜひ、お買い求めください。

  • 日本の死角/現代ビジネス
  • 思い出せない脳/澤田
  • 「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史
  • 今を生きる思想 宮本常一 歴史は庶民がつくる/畑中章宏、宮本常一
  • 6月の発売予定
  • 現代新書100(ハンドレッド)創刊!
  • 泣きたい日の人生相談/岸見一郎
  • 教育勅語と御真影 近代天皇制と教育/小野雅章
  • 今を生きる思想 西田幾多郎 分断された世界を乗り越える/櫻井
  • 14万部突破!/現代思想入門/千葉雅也
  • 6月の発売予定