「就職活動で圧倒的に学生の立場は弱い。引く手あまたの学生はほんの一握り。弱い立場の学生と不倫を狙う人は増えています。かつては男性が多かったのですが、今は女性も目立ちます」と語るのは、浮気調査に定評がある「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さん。

セクシャルハラスメント……性被害のニュースが連日報道されている。そんな中、25年度の新卒学生の就職活動が始まった。そこで例年、問題になるのは、採用企業側のさまざまなハラスメントだ。厚生労働省は定期的に撲滅キャンペーンを行っている。運営する『あかるい職場応援団』も、今月、2ヵ月ぶりにサイトを更新。18日には新たなコンテンツとして『就活ハラスメント防止対策 企業事例集』(全52ページ)が登場。株式会社大林組、東京電力ホールディングス株式会社、三井物産株式会社など日本を代表する企業10社が、自社の取り組みについて紹介している。読むと学生の尊厳を守り、公正な採用選考、人権尊重などの対策をしているという。

前編「就活から妻に頭があがらない…32歳夫が悩む浮気妻の「家庭内ハラスメント」の悲劇」では、メーカー勤務の裕樹さん(32歳)が、同じ会社に勤務する妻(40歳)と新卒時から付き合い、7年前に結婚。新卒採用時、第一次面接を妻が担当し、「裕樹のことは私が入れてやったんだから感謝しろ」と言われていた。そして入社して妻の部署に配属されてすぐに飲みに誘われ、男女の関係になる。
奔放な妻は裕樹さんと別の男性と二股をかけており、「カラオケで100点出すまで歌え」などと、無理難題を押し付け、結婚してからも浮気をしていた。結婚7年間、ほとんどレスの状態が続いており、妻は独身気分を満喫。取り残された裕樹さんは、妻から自由になるためにも調査を決意する。

Photo by iStock
 

会社の近くで合流した「スーツを着た男性」の正体

妻の外泊が増えていると聞き、調査は自宅ではなく会社からスタート。大企業現在は部署が違ってビルが別れており、金曜日の妻の退勤時間に張り込みを開始。
18時30分に出てきた妻は、同僚男性と5人で駅に向かいます。妻は「ちょっと用事があるの。ここで」と言い、手を振って近くのミニスーパーへ。入口に入り、店内を軽く物色しているうちに、スーツを着た男性と合流。
ビシッとスーツを着ており、海外風の振る舞いをしています。スマートな雰囲気で、年のころは40代前半でしょうか。ミニスーパーで、妻と一緒に買い物をしています。ビール、チューハイ、ポテトチップなどです。

Photo by iStock

そして、その荷物を持って、再び会社へ。妻とスーツの男性は時間差でオフィスに入っています。そして、2時間後にほろ酔いで出て来ました。
おそらく、会社でよからぬことをしていたのでしょう。不倫カップルに多いのですが、同僚を巻いたり、やってはいけないことをするスリルを楽んでいるのでしょう。

ひとまず、写真を裕樹さんに送ると「こいつは妻の元婚約者ですよ。確か2個上だったはず。僕はオフィスビルが違うのでわかりませんでしたが、東京勤務になったんだ。この男は別の女性と結婚したと聞いていましたが、妻とも続いていたとは」と驚いていました。

ただ、離婚の証拠となると、この写真だと弱い。会社で飲んでいたと言われてしまえば、それで話が終わってしまうからです。
すると裕樹さんは「証拠を押さえてください。もう絶対に妻とは離婚したい」と言います。