2011.08.25
# 本

『成功する人は缶コーヒーを飲まない』著者:姫野友美
食を変えれば恋も仕事もうまくいく!?

 抜け毛とストレスにも密接なつながりがある。ストレスがあると体を守るために、通常より栄養素がたくさん消費されてしまう。体は生命維持のために必要な機能に使われる栄養素を優先するため、髪の毛まで栄養素が回らなくなるのだ。円形脱毛症の大きな原因にストレスがあるが、体内に活性酸素が発生しやすくなって髪が抜けてしまう。つまり活性酸素が毛根にダメージを与えることが関係している。

 ちなみに美容師さんの話によると、ストレスが多い人の頭皮はシャンプーのときに触るとかたいのですぐわかるそうだ。シャンプー後にマッサージをすると頭皮から首、肩までガチガチにこっているという。かたい頭皮では乾燥した大地のようなもの。いくら肥料(=育毛剤)をふりかけても、新しい芽(=髪の毛)は生えにくいかもしれない。

『成功する人は缶コーヒーを飲まない』
著者:姫野友美
⇒本を購入する(AMAZON)

 男性にとって髪の毛というのは、女性がバストのサイズを気にするようにメンタルに関わる存在といえよう。同年代で髪があるのと少ないのとでは見た目の印象に差が生まれ、モテ度にも大きく関わる深~い問題となってしまう。

 「最近髪の毛が薄くなったかも!?」と気になっているのなら、自分の生活を見直すきっかけにしてほしい。仕事が忙しく、食事や睡眠がおろそかになっていないだろうか。ストレスが多いと感じているならなおさらで、髪と心を元気にする栄養素を補おう。

 積極的に食べたいのは、先ほどあげた亜鉛を含む食品だ。牡蠣、牛赤身肉、レバー、ホタテ貝などに豊富に含まれている。

 じつはクリニックの患者さんに、薄毛で悩んでいたわけではないが、アミノ酸と亜鉛のサプリメントを継続して飲んでいたところ髪が丈夫になり、パーマがかかりにくくなったと思いがけない効果に大喜びしている人がいる。普通、年齢とともに髪の毛は、コシがなくなりやせた感じになっていくが、きちんと髪に栄養を与えるとハリとツヤのある若々しい髪になる。これもアンチエイジングの一つである。

 ストレス対策には活性酸素の消去に役立つビタミンCを。緑黄色野菜や柑橘類の果物を、意識して食べるようにしよう。注意点としてビタミンCは水溶性のビタミンのため、一度にたくさん摂っても余った分は尿と一緒に排泄されてしまうことを覚えておこう。ストレスが多い人ほど常にビタミンCが消費されていくため、一日3~4回に分けて摂り、つねに体内にビタミンCの貯金をしておきたい。手軽にサプリメントを活用してもよい。

 髪の毛が元気になれば、生命力の強い素敵な男性に見えるもの。また年齢よりも若く見られることも増えるだろう。食べる内容に少しだけ気を配ると髪の悩みが解決するだけでなく、異性から熱い視線を浴びるようになるかもしれない。

"セックスミネラル"亜鉛の役目

 髪の話とともに、亜鉛に関する面白い話をもう一つ紹介しよう。

 仕事で知り合いになった某企業の重役さんから「年のせいか疲れやすいので、何かオススメの健康法はないでしょうか?」と聞かれたので、スタミナアップのためにアミノ酸のサプリメントを飲むようにアドバイスをした。

関連記事