2011.02.24
# 雑誌

経済論戦勝ったのはどっちだ!森永卓郎vs.池田信夫 激突120分

日本経済は破綻する?
週刊現代 プロフィール

池田 あのね、森永さんのような意見は、一般受けするから政治的には通りやすいでしょう。でも、政治家たちがそういう問題の先送りをしてきたから、この20年、日本は低迷を続けているわけですよ。

 確かに、一時的には倒産企業も失業者も増える。でも、それを乗り越えないと次に進まない。とるべき処方箋はわかっているのだから、あとは政治家が悪役をひきうける覚悟を決めるかどうかなんです。

森永 うーん。それでも私はその前に、デフレからの脱却を最優先すべきだと思います。デフレのまま、成長率が上がるなんてことはないんだから。

「海外逃亡」するしかない

---池田さんは、具体的にどうすれば成長率が上がると考えているのですか。

池田 抜本的な日本経済の改善には産業構造の転換が必要です。これから日本が何によって儲けていくか。ここがものすごく難しい。金融、IT、ソフトウェアなどが言われていますけど、現状はいずれもダメで、とくにソフトウェアは壊滅状態。残念ながら。

森永 日本企業は通常の為替レートになれば元気を取り戻しますよ。今は一方的な円高から一応底を打った状態ですけど、じつは昨年秋の金融緩和のあと、日本企業の生産は急速に回復している。昨年12月の鉱工業生産は前月比3・1%増、今年1月は5・7%増の予測です。ですから1ドル100円は無理としても、90円台になれば、日本経済はかなり回復するはずです。

池田 今の為替レートは割高ではない。実質実効為替レートという物価を反映した基準で見ると、むしろまだ割安です。これは経済の基礎的条件を反映しているので、日銀が変えることはできない。円安で新しい産業が生まれることもない。

森永 私は新しい商品やアイデアが経済をひっぱり上げるというのは幻想だと思う。経済産業省の統計から分析すると、製造品に占める新商品の割合は、ほんのひと握りです。日本経済を引き上げる力はない。

池田 この「iPhone」を見てくださいよ。10年前は存在していなかったものが、いま全世界で5000万台以上売れてるんですよ。これによってアップルの時価総額はマイクロソフトを抜いた。日本にはこういうダイナミズムがないから停滞が続いてるんです。

森永 繰り返しますけど、日本の成長率を上げるには、通貨供給量を増やし、それによって企業の設備投資が……。

池田 あなたの意見は、ある意味で正しい。そうやって日銀がめちゃくちゃな金融緩和をやったら、世界の投資家が日本国債にカラ売りをかける。その結果、国債も円もドーンと値下がりしてハイパーインフレが起きる。そうなったらもちろん財政は破綻、倒産企業も続出で日本経済は地に落ちる。そして、すべてリセットしたうえで焼け跡からの再出発に賭けるんだ、と。

 いや、これはもう避けられないシナリオかもしれない。だから、森永さん、いっそのこと、早く日銀総裁になってくださいよ(笑)。

関連記事