2012.07.19

[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「打倒・香川で頂点へ」

橋本効果で打線が「線」に

 また中軸に座る橋本の存在はチームにいい影響を与えています。中心バッターでも、ただ一発を狙うのではなく、状況に応じたバッティングをする。この姿勢を1、2番の樋口拓平、流大輔、下位を打つ高田泰輔らが見習い、打線が「線」として機能するようになりました。相手に嫌がられるチームになりつつあると感じています。

 後期の目標は打倒・香川、そして、もちろん優勝です。河原純一が前期の最終戦より、マウンドに上がり、現状は抑えとしてパーフェクトピッチングを続けています。本来は他の若い投手に大事な場面を任せて経験を積ませたいところですが、やはり、ベテランの投球術はさすがの一語です。今後は連投や、イニングまたぎでチームの勝利に貢献してもらいながら、NPB復帰へアピールをさせようと考えています。

 先発ではデイビット・トレイハンが小林に次ぐ勝ち星(7勝)をあげ、試合を確実につくっています。彼は150キロ台の速球を連発し、このリーグでは力量が頭ひとつ飛び出ています。しかし、後期に入って他球団も対策を考え、速球を狙われるケースが増えてきました。後期は、彼自身がさらに相手を上回るピッチングをしないと苦戦するかもしれません。

 ポイントとなるのはコントロールと、バッターとの駆け引きでしょう。NPBのレベルではデイビット級のボールを投げる外国人投手はたくさんいます。ただし、バッターも高い技術を持っていますから、単にスピードが速いだけでは通用しません。より細かい制球力と投球術を身につけ、スカウトにアピールできるか。これがデイビットの将来を左右すると見ています。

関連記事