2012.08.18

Closeup 武田翔太(ソフトバンクホークス)「将棋が育んだ〝野球脳〟」 打者の顔を見れば、何を考えているか分かるんです---
19歳の強心臓ルーキーに迫った

フライデー プロフィール
投球ごとに利き手を上げるのは、左右の違いこそあれ、「目標にする投手」と語る杉内俊哉を意識したものだ

 かように華々しい活躍を見せる「九州のダルビッシュ」だが、高校(宮崎日大高)では3年時の県ベスト8が最高成績で、甲子園出場は果たせなかった。それでも150km/h級の直球と3種類のカーブ、2種類のスライダーなど多彩な変化球を操ることから、高校生ナンバーワン投手としてその名は広まっていく。結果、ホークスからドラフト1位指名を受けてプロ入りしたのだ。

 スカウトが高く評価したのはダルビッシュを連想させる投球だけではない。野球に対する姿勢もまた二重丸だった。

 中学生の頃から、野球部の練習では他の部員よりも早くグラウンドに来て5km走るのを日課とした。さらに中学2年生からは「メンタルトレーニング」の本を読み漁り、高校進学後は整体などの専門書で体の構造を隅々まで把握。その学びを実践すべく、部の練習時間以外にはウエートトレーニングや水泳の施設に通っていたという。

19歳が唱える「ゼロ理論」

187cmの長身を利して、高いリリースポイントから投げ下ろす投球スタイルで並居る強打者を斬ってとる

 筆者が武田と出会ったのは彼のプロ入りが決まった後だが、以降の半年間だけでも意識の高さに何度も驚かされた。

 投球理論を語らせれば、最速154km/hという最高のストレートを持ちながら、

「僕が目指しているのは〝脱力〟です。上半身の力を限りなくゼロにして、下半身で投げるのが理想。求めるのは〝質〟であって、スピードに興味はない」

 と、キッパリ言い切る。それは昨季まで鷹のエースだった杉内俊哉(現巨人)が入団から4年をかけて、ようやく辿り着いた考え方そのものだった。ほんの数ヵ月前まで高校生だったルーキーが自身の理論を言語化し、人に伝えられるというのは今まで記憶にない。さらにトレーニング論に話を向ければ「走り込みと体幹の重要性」を淡々と説く。今度はまるで和田毅(現オリオールズ)と話しているような感覚さえ覚えるのだった。

関連記事