2012.08.18

Closeup 武田翔太(ソフトバンクホークス)「将棋が育んだ〝野球脳〟」 打者の顔を見れば、何を考えているか分かるんです---
19歳の強心臓ルーキーに迫った

フライデー プロフィール

「ずっと野球のことばかり考えていました。そういえば、漫画も野球モノすら読んだ記憶がありません(笑)」

 だが唯一、将棋だけは別だったという。

 野球界の先人たちを振り返っても、名立たる「棋士」は少なくない。よく名前が挙がるのは野村克也(元南海など)や古田敦也(元ヤクルト)、城島健司(現阪神)ら錚々たる名捕手たち。ピッチャーでは江川卓(元巨人)が初段の腕前だ。意外なところでは長嶋茂雄(元巨人)が五段(名誉段)の認定を受けている。

 武田に話を戻すと、今時の若者には珍しく、小学生の時に始めた将棋で培われた「野球脳」を持つ投手である。それはデビュー2連勝の内容から、存分に感じ取れるものであった。

「相手を見つつ、攻める」

 一軍初登板となった7月7日の日本ハム戦は、大物ルーキーにふさわしい突進力を生かしたイキの良い投球だった。記念すべきプロ第1投は、試合前からストレートを予告していた。151km/hが真ん中低めに決まると、完全アウェーの札幌ドームが大きくどよめく。

「(最初の1球だけは)力でねじ伏せようと思った」

 狙い通りにペースを摑むと「相手チームへの声援も自分への声援だと思って投げた」と、空間を制圧してみせた。

 5回には今季2000本安打を達成した稲葉篤紀を追い込むと、あえてど真ん中に緩いチェンジアップを投げ込んだ。結果は見逃し三振。「名球会打者」がピクリとも反応できなかった。

 実はこの球は「前日の練習でしっくりきたので、試しに試合で投げてみた」新球種だったという。

「新しい変化球が生まれるのは、いつも遊びの中から。いい感じだなと思ったら、2~3日も練習すれば投げられます」

 抜群の勝負度胸で相手打線を封じ込め、5回までノーヒット投球。6回に1安打を許しただけの満点デビューだった。

 迎えたプロ2戦目、同月14日のロッテ戦は逆に一歩引いて、冷静に自分を見つめ直したことが勝因につながった。

 この試合を将棋に例えて振り返る。

関連記事