2013.01.09

[プロ野球]
上田哲之「日本野球よ、理念を語れ!」

スポーツコミュニケーションズ

選ばれしスター選手の歩む道

 あるいは、今季の阪神の打線。きっと1番は西岡剛(千葉ロッテ-ツインズ)なのだろう。4番かどうかは知らないけれども、少なくともクリーンアップの一角には福留孝介(中日-カブスほか)が入るだろう。FAという制度を前提として、現在のプロ野球は成立している。したがって、阪神には、いわば当然起こるべきことが起きたといっていいだろう。翻って、再び松井の会見。「巨人はふるさとのようなチーム」と語り、巨人とヤンキースの「2チームにはやはり特別な思いがある」と続けた。

 もちろん、松井はスーパースターだからこそ、巨人、ヤンキースという日米の名門2チームだけで、キャリアのほとんどの時期を過ごすことができた。普通の一流選手には、このような特権的なキャリアを選ぶことはできない。FAによって、自らをより高く評価するチームに移籍するのは、一流プロ野球選手のあるべき姿といってもいい。とはいえ、かのデレク・ジーターは、おそらくヤンキース一筋であるがゆえに、特別なスーパースターであり続けている。おそらくは、日本よりもよほどFAというシステムが社会に浸透しているアメリカにおいてさえ。

 松井の場合、入団の経緯も、入団後の成長過程も、メジャー移籍後の苦難と栄光(なにしろワールドシリーズのMVPである)も、すべての条件のそろった、曇りないスターであった。だからこそ、冒頭に紹介した知人の「最後のスター」という言葉が出てきたのだろう。蛇足のように付け加えれば、巨人と並ぶ人気球団である阪神の選手育成には、理念はないのだろうか。金本知憲、城島健司、新井貴浩、そして今回の西岡、福留。人気名門球団であれば、真のスターは松井のごとく、あるいはジーターのごとく、育成によって自ら育てるという理念を、明確にすべきではあるまいか。

 理念を語るヒマがあったら、目の前にあるたとえば経済や社会の不安を解消すべきである――今、われわれは、否応なくそういう時代に生きざるをえなくなっている。どんな企業であれ組織であれ、それはまぬかれえない。2013年とは、そういう年なのかもしれない。ただ、とはいえ、やっかいな本質は置き去りにしていい、ということにはなるまい。だからこそ、日本野球よ、理念を語れ!

上田哲之(うえだてつゆき)
1955年、広島に生まれる。5歳のとき、広島市民球場で見た興津立雄のバッティングフォームに感動して以来の野球ファン。石神井ベースボールクラブ会長兼投手。現在は書籍編集者。

関連記事