2013.03.22

[虎四ミーティング]
木田優夫(石川ミリオンスターズ)<後編>「NPB復帰への思い」

スポーツコミュニケーションズ

独立リーガーとしての挑戦

二宮: さて、今季からは独立リーグのひとつBCリーグ(ベースボール・チャレンジ・リーグ)の石川ミリオンスターズでプレーすることが決定しました。きっかけは何だったのでしょう?
木田: 北海道日本ハムを戦力外となって、12球団の合同トライアウトを受けたのですが、どこからも声がかかりませんでした。一時は引退しようかなとも思っていたんです。でも、時間が経つにつれて「もう少し、投げたいな」という気持ちが沸いてきました。そんな時に、テレビでサッカーのニュースを見た時に「やっぱり選手としてユニフォームを着ているのって、かっこいいな」と思ったんです。それで現役を続けられる道はないかと思って、韓国や台湾など海外も視野に入れながら模索していたところ、知り合いを通じてミリオンスターズの端保聡社長を紹介していただいたのがきっかけでした。

二宮: メジャーリーグでプレーした選手が、日本の独立リーグでプレーすることに抵抗はありませんでしたか?
木田: 正直、最初は「独立リーグか……」と少し躊躇する気持ちもありました。でも、自分の中では鍛え直せば、まだ進化できるんじゃないかという気持ちがあって、「引退すれば、それにもチャレンジすることができなくなる」と思ったんです。それでミリオンスターズへの入団を決めました。端保社長にお会いしていなければ、辞めざるを得なかったわけですから、とても感謝しています。

二宮: まだ燃え尽きていないと?
木田: そうですね。昨年、日本シリーズの時にテレビの解説で来ていた小久保裕紀に東京ドームで会ったんです。少し話をしたのですが、彼は現役を引退した理由について「満足してしまったところがあって……」と言っていました。その時、「2000本安打を打った選手だからの言葉だよなぁ」と思ったんです。僕にはおそらく満足して辞める、なんてことはないんじゃないかと。

二宮: 今、ボールのスピードは?
木田: 昨季は最速で140キロ台前半でしたね。でも、もう一度、フォームを修正し直して、もう少し速いボールを投げられるようになれば、ひょっとしたらNPBに復帰できるかもしれないと思っています。ミリオンスターズのトレーナーにも「ここの動きが鈍くなっていますよ」と指摘された部分があるので、そういうところを一から鍛え直していったら、どれくらいまでスピードが戻るのかなと。

二宮: まだ進化し続けていけると?
木田: はい。ここ数年は、スピードが出なくなってきた中で、どうやってバッターのタイミングを外そうとか、どうやってスピードがないのをごまかしていこうというような、吉井理人さんに言わせれば“いんちき投法”だったんです。でも、僕はもともと真っ直ぐのスピードを武器としてプロに入ったピッチャーですから、もう一度、正面からスピードアップを目指していこうかなと思っています。それで140キロ台後半が出るのであれば、NPBでも十分に通用すると思っています。

二宮: 名刺には「投手兼営業」と書かれてあります。
木田: BCリーグの試合は基本的に週末に限られていて、その他は練習に充てられるんです。休日は週に1度ということなので、空いた時間で球団に貢献できることがあればやろうかなと。僕にとっても、勉強になると思うんです。

二宮: 開幕はいつですか?
木田: 4月13日(土)です。ミリオンスターズは昨年、北陸地区チャンピオンの福井ミラクルエレファンツと対戦します。

二宮: さらなる進化に期待しています。
木田: ありがとうございます。

(おわり)

☆対談ダイジェスト動画☆

木田優夫(きだ・まさお)
1968年9月12日、東京都生まれ。日大明誠高出身。87年、ドラフト1位で巨人に入団。4年目の90年に初の2ケタとなる12勝を挙げ、最多奪三振を マークした。97年オフ、オリックスに交換トレードで移籍。99年にFA権を行使し、デトロイト・タイガースに移籍。00年にはオリックス戻るも、翌年オ フに自由契約となる。02年は腰痛治療に専念し、03年に再び渡米し、ロサンゼルス・ドジャースに入団した。翌年9月にシアトル・マリナーズに移籍する。 05年オフに自由契約となり、日本球界に再復帰。06年に東京ヤクルトに入団。10年に北海道日本ハムへ移籍した。昨季は1軍での登板は1試合に終わり、 戦力外通告を受ける。現役続行を望み、独立リーグのBCリーグ、石川ミリオンスターズに入団した。

すき家 虎ノ門四丁目店
東京都港区虎ノ門四丁目1番19号


(店舗写真:守谷欣史)
すき家が世界展開にむけてつくったモデル店舗。2階建てで吹き抜けの店内は従来の牛丼チェーンにはない解放感にあふれています。おひとり様でもグループでも食事が楽しめる店舗です。

(対談写真:金澤智康、構成:斎藤寿子)

協力:ゼンショー

関連記事