2013.05.30

[サッカー]
大野俊三「日本代表、豪州戦は勝ちに行け!」

スポーツコミュニケーションズ

本田、長友がもたらす効果

 さて、Jリーグとともに成長してきた日本代表にも大切な時が迫ってきています。30日の親善試合ブルガリア戦を経て、ブラジルW杯出場権をかけて6月4日のオーストラリア戦に臨みます。そんな日本の招集メンバーを見て注目したいと思ったのが、本田圭佑(CSKAモスクワ)と長友佑都(インテル)です。本田が高いキープ力を生かして前線でタメをつくることで、長友は長い距離をオーバーラップできる。つまり、彼らが復帰することで、日本には攻撃パターンが1つ増えることになります。

 たとえ本田がキープして長友に渡し、そこからクロスを上げるという攻撃パターンが相手に知られているとしても、1つのかたちを確立できることは大きなプラスになります。対戦相手も予測パターンを増やす必要がありますからね。日本にとってはその分、裏をかくチャンスが生まれるわけです。本田がタメておいて自分でミドルシュートを打ったり、長友のオーバーラップに相手が引きつけられたところで逆サイドに展開することも有効になってくるでしょう。

 本田と長友がケガで不在だった3月のヨルダン戦は、左サイドの攻撃があまり機能していませんでした。本田、長友が戻ってくれば、香川真司もいる左サイドの攻撃は活性化すると見ています。

 1つ不安なのは、本田の合流がオーストラリア戦前日だということ。いかにコンディションを維持して、久々の代表のサッカーに順応できるか。そこが大きなキーになると思いますね。

関連記事