2013.07.28
# 雑誌

大人気ドラマ『孤独のグルメ(Season 3)』 主演 松重豊「ひとりでも旨いものは旨いんだ」

フライデー プロフィール

 ひとりメシでも、旨いものは旨い。たとえ旨くなくても、孤独だからこそ味わえる贅沢な時間を楽しむのが、ひとりメシの極意なのかもしれない。

「ひとりメシは苦手という人もいますが、僕にとっては、心から寛げるひととき。近所の気になる店にフラッと立ち寄ってみれば、きっと、料理の旨さ以上の新しい発見が待っていると思いますよ」

行ってみたい!〝ひとりメシ〟を満喫できる店

 これまでドラマに登場した中から都内の店をセレクト。どれも気楽に入れる店ばかりだ。暑さに負けず、食べ歩きを楽しもう!

中国家庭料理『楊』
住 東京都豊島区西池袋3-25-5
☎ 03-5391-6803 休 不定休
営 平日11:30~14:30、17:30~23:30
  土日祝12:00~15:00、17:00~22:30

中国家庭料理『楊』

口が痺れる本場の辛さ
ここの目玉は本場・四川流の「汁なし担々麺」(780円)。真っ赤なタレは山椒と唐辛子が効いており、口の中に痺れるような辛さが広がる。しかし、なぜかこの辛さが心地よく、やみつきになってしまう。辛さは調節できるので注文時に希望を告げよう。羽根がパリパリの「楊特製焼餃子」(550円)も人気。

割烹『大内』

13種類の具材と大一番
ちゃんこが1人前から楽しめるこの店。ドラマに登場した「鶏そっぷ」(2650円)は、鶏ガラで出汁を取ったしょうゆ味スープのちゃんこ。ボリューミーに見えるが、カウンターに座り〝ひとりちゃんこ〟を完食するお客さんも多い。シメは、揚げ玉つきのうどん(260円)がウマい!

割烹『大内』
住 東京都墨田区両国2-9-6
☎ 03-3635-5349
休 日曜、祝日(大相撲東京場所中は休みなく営業)
営 11:30~13:30、17:00~22:00

中野区沼袋焼肉『平和苑』

カルビとわさびが奏でるハーモニー
S2第3話で登場。写真の「わさびカルビ」は、網に載せて少し色が付いたらひっくり返すのがポイント。そこにあまり辛くないわさびを多めに載せて一口。次の瞬間「肉なのに、お刺身」「七輪で焼く刺身、焼き刺身」と五郎は感心しきりだった。

関連記事