2014.03.28
# 雑誌

「東大までの人」と「東大からの人」大切なのは「出身高校」というブランド

週刊現代 プロフィール

さらには金持ちの企業経営者の親に頼んで車を買ってもらっただの、休みのたびに外交官の父親がいるスイスに旅行しているだの聞かされて、そのたびにいらだつ日々ですよ」(文科一類・男子)

「授業選びでも、採点が厳しいような教授の授業ばかり選んでしまい、成績は低迷。でも哀しいかな、やっぱり根はマジメというか、むやみにサボることもできず、1年生の最初の学期が終わる頃には、学校→バイト先→下宿を黙々と回りつづけるだけの、魂の抜けたような存在になっていました」(文学部3年・男子)

Image by iStock

勉強に勉強を重ねて「我が校始まって以来の天才」などと呼ばれ、ひとりぽつんと入学する地方の普通の学校出身の学生。彼らと180度違う学生生活をスタートさせるのが、仲間に囲まれながら入学する名門高校出身の学生だ。

両者の違いを、麻布出身で「雇用のカリスマ」とも呼ばれる人材コンサルタントの海老原嗣生氏が語る。

「地方の高校出身者などに多いのが、『僕は、ずっとクラスで一番だった』という人です。こうした東大生は、たいていやりたいことがはっきりしている。すごい成績で財務省に入るとか、総合商社や朝日新聞に入るといって、各分野の『トップ』でありつづけようとするんですね。

 

一方で開成や灘のように100人、150人と合格する学校では、東大合格者でも、クラスで一番になったことのない人のほうが圧倒的に多いわけです。

中高一貫校だと、中学時代から一番になったことがない。すると、『テストの順位では負けたけれども、自分はそれだけじゃない』という発想が湧いてくる。碁が強いとか、哲学だとか教養が横に広がっていく」

関連記事