2014.03.28
# 雑誌

「東大までの人」と「東大からの人」大切なのは「出身高校」というブランド

週刊現代 プロフィール

本当に、東大生の親には東大卒業生が多いのか。

公式の統計は存在しないが、東京大学総長が任期中に取り組む諸課題をまとめて公表している『行動シナリオFOREST2015』には、東大の抱える問題点のひとつとして、〈「上層ノンマニュアル」の子弟が一貫して70%以上を占める〉ことが挙げられている。

「上層ノンマニュアル」とは聞きなれない言葉だが、「医師や弁護士、大学教授などの専門職や、大企業、官公庁の管理職、中小企業の経営者」を指すという。つまり、東大生の家庭環境は7割がた、似たり寄ったりのエリート家庭ばかりで、多様性がないということなのだ。

 

また、東大学内の学生生活実態調査によると、保護者の50%が「年収950万円以上」であるとされる。こうした親の中に、東大卒業生がかなりの割合で含まれることは想像に難くないだろう。前出の進藤さんはこう恨み節をつづけた。

「語学のクラスで一緒の同級生にも、『もうついていけない』と引きこもって授業にも出てこないヤツがいる。『東大引きこもり』ですよ。

大学生活に慣れないから、彼女もできない。要領のいい名門校出身者は、テニスなんかできなくてもさっさとテニスサークル、通称『テニサー』に入るんです。そこはインカレになっていて、都内のお嬢さま女子大の女の子がどんどん入ってくる。名門同士のお見合いの場になっているんですよ。

東大女子の平均的なルックスのレベルはさほど高くないけど、そういう『狙ってる』女子は隙がなくてイケてる。そんな子たちとの出会いもなくて、地方出身者は溜息ばかりですよ」

さらに、出身校による格差は、就職活動でも如実に現れる。そもそも、気楽に相談できる先輩や同世代の東大生が存在しないため、大学を出たあとの社会の実情を訊ける相手もいない。

「『東大生だし、なんとなく一流企業とか大手を受けたほうがいいのかな』などと思って、誰でも知っているような企業にしか応募しなかったら、4年連続で就職浪人してしまった先輩がいる」(文学部3年・男子)といった例が現実に存在するのだ。

関連記事