2014.10.15

マニア歴17年のサイエンスライターが語る、ディープな国道♥愛の世界

『ふしぎな国道』著者インタビュー
佐藤 健太郎 プロフィール

Q.本書では、悪路を走行する酷道についても紹介されています。お薦めできない酷道(笑)をいくつか紹介していただけないでしょうか。

A.ほとんどの期間が通行止めという「幻の酷道」こと、471号楢峠あたりでしょうか。延々と細い区間が続き、脱出路も少ない425号や477号なども、初心者はやめておいた方がよいでしょう。とはいえどの酷道も、雨天や夜間、積雪時などの条件が悪い時に、無理して走るべきではありません。危険ですし、他人に迷惑をかける可能性も高いですので。

Q.本書の中では、様々なマニアックな趣味が紹介されていますが、一番笑ったのが、国道のありがたさを知るために、あえて国道を走行しないで目的地に向かうという「非国道走行」です。これはゲーム性の高い趣味ですね。

A.国道を十字路で越えるのはよいが、あとは高速道路や国道を一切用いず、県道や市道などだけで目的地へ行くというルールです。あと少しでゴールという時に、目の前に国道が横たわっていた時の絶望感といったらもう(笑)。東京から大阪までの非国道ルートは不可能とも思われたのですが、実際に走って可能であることを証明した人が現れた時には、さすがの僕も驚嘆しました。

Q.本書では、国道にまつわる様々な謎が紹介されていますが、佐藤さんでもまだわからない謎はあるのでしょうか?

A.たくさんあります。たとえば国道246号永田町バイパスです。2006年に、永田町付近の都道が、いつの間にか国道246号の枝線に指定されていました。こういうケースは、他ではほとんど見たことがありません。で、この枝線は、途中で不自然に曲がっています。なんでこのルートなんだろうと地図をよくよく見てみたら、どうやら自民党本部と首相官邸の間を結んでいるように見えます。何か意味があるんだろうなと思いますが、謎ですね。