2015.11.01

科学界の「あの騒動」を彷彿!? 論文偽装に秘められた謎を解け!

【特別対談】伊与原新×朱野帰子~わたしの知らない理系の世界
in★pocket

文系が書く理系、理系が書く文系

朱野 主人公の小日向は、科学雑誌の編集者。まじめで、科学が大好きで、でも研究者ではない。伊与原さんの作品にはよく、科学に少しだけ詳しい語り部が登場します。その「知らない加減」が絶妙なのですが、なぜ伊与原さんは文系の心がわかるんでしょうか。

伊与原 『ルカ』は例外的に自分の専門に近いんですが、その他は同じ科学でも知らないことだらけで、わからない立場の方が僕にとっても自然です。それにそういう人たちの気持ちに寄り添う方が小説になりやすいんです。実際、研究者ではない人の方が、科学に対する思いが純粋なんですよね。

朱野 私がまさにそうです。科学を神聖視しているというか、研究者の良いイメージを損なうのは神を殺すに近いような感覚があって、作中でもなかなか研究者を悪い人として描けない。同じ人間のはずなのに、超越的な存在でいてほしいと思ってしまうんです。

伊与原 でも朱野さんの描く研究者たちはまったく違和感ないですよ。何かを解明したい人たちの心の動きにより近いというか、僕の小説に足りないものが全部あるなと。

朱野 とんでもないです! 私は科学者の内面には踏み込めないので、どうしても外から書くことになってしまうんです。そういう意味では伊与原さんが、科学者視点の物語を書かれないのは少し不思議でした。

伊与原 僕が研究者的なメンタリティをあんまりもってないからかもしれないです。試料分析の最中、論文じゃなくてマンガやミステリ読んでましたし、研究室でやることがなくて、何をするかと思えば小説を書き始めたわけですから(笑)。

朱野 専業作家になろうという考えがあってのことだったんですか?

伊与原 考えてもいなかったです。じゃあなぜ賞に応募したのかという話ですが・・・・・・。

関連記事